So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

博多出張 炙り炉端 山尾 [雑感]

先日、博多に一泊で出張に行ってきました。


岡山からの移動となったため、20:30過ぎの博多入りです。

ホテルにチェックイン後、お目当てのお店に。

今日のお店は、「炙り炉端 山尾 博多駅前店」です。

人気のお店らしく平日の夜で遅い時間にも拘わらず、「カウンター席なら」という繁盛ぶり。

相棒と2名のため何とか潜り込めました!


aburi_yamao_02.JPG



お通しは、アサリのお澄まし?ですかね。とても斬新です。


aburi_yamao_01.JPG


コンロに火をつけて暫く待ちます。

はい、出来上がり!

aburi_yamao_05.JPG


とてもシンプルで美味しかったです。



先ずは野菜から、「パリパリじゃこの大根サラダ」です。

パリパリのじゃこが最高ですね。個人的には、湿っているよりパリパリの方が好みです。


aburi_yamao_03.JPG



鮭のハラスの炙り焼きといくらがけです。

何とも贅沢な。。。。

玄界灘の名産でなくても気にしません(笑)!


aburi_yamao_04.JPG



呼子のイカの活き作りは、売り切れのため、ウマズラの活き作りを注文しました。

肝を醤油で溶いて付けていただきます。

本当に美味でした!


aburi_yamao_06.JPG


あらは、あら汁に。

aburi_yamao_08.JPG



あと、名物「手ごねつくね」も美味しかったです。


aburi_yamao_07.JPG



大満足でした!!




(おまけ)翌日の昼食は「元祖ぴかいち」の皿うどんをいただきました。

こちらは、有名な長崎の皿うどんとは異なり、「焼きちゃんぽん」といった方が分かりやすいかも知れません。

aburi_yamao_09.JPG




nice!(43)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一枚 Paul Taylor /「Steppin' Out」 [ジャズ/フュージョン]

今日は、アメリカのサックス奏者の Paul Taylor が、2003年に発表したアルバム「Steppin' Out」を紹介します。
Paul Taylor のサックスは、Kenny G を少しシャープに、また David Sanborn を少しクールにしたような味わいがあります。


都会の夜にぴったりな(「Steppin' Out」というと、Joe Jackson の名曲を思い出しますが。。。)この作品は、夜景を見ながら聴くと最高です。


「#2」「#5」「#6」「#7」「#11」など、このアルバムのイメージ通りのナンバーや、「#3」「#4」「#8」「#9」といった美しいバラードなど、とても“浸れる”作品です。


Paul Taylor _ Steppin' Out.jpg



【「#1」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=tNEsQ4KwD48
【「#2」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=vhFUFkgRuL8
【「#3」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=g-hmFwXAH5E
【「#4」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=gZZsioWs3E8
【「#5」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=mMnwFLZWFPI
【「#6」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=BSgD-q5aPOU
【「#7」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=sV-gaqav7aQ
【「#8」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=CCoadcfVfAQ
【「#9」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=1t5FXz4amLI
【「#10」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=rEjpDA3SIFo
【「#11」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=0Wlt1i5TST0


1. On The Move
2. Steppin' Out
3. Long Way Home
4. Someone Watching Over You
5. Night Rider
6. Cantina
7. Let's Go Out Tonite
8. Hacienda
9. Enchanted Garden
10. Speakeasy
11. Runaway


【Officialサイトへのリンクです】
http://paultaylorsax.com/

nice!(47)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

週末のYONA YONA BEER WORKS 神田店 [ビール]

ビールの美味しい季節になりました。


先日の出張先では、飲んだ後、ホテルに戻る途中に寄ったコンビニで、「梅雨のエキゾチック」なるビールを買って部屋飲みをしました。


DSC_0792.JPG


味わいの方は、適度にスパイシーで、かつ豊潤な後味で、結構好みのタイプでした。





さて先週末は、結構蒸し暑かったので、仕事帰りに同僚と久々の YONA YONA BEER WORKS 神田店に行きました。


料理はいつものパターンだったので、写真は省略ですが。。。。



①父の日限定 レッドエール


yonayona201707_01.JPG


「アイリッシュレッドエール」という、聴き慣れないジャンルですが、限定ビールに弱いお父さんはすかさずオーダーです。
とてもふくよかで優しい香りのエールビールでした。



②インドの青鬼


yonayona201707_02.JPG


まさに定番、ど真ん中です。
特に暑い時に飲む切れの良いIPAは、最高ですね!!



③前略 好みなんて聞いてないぜ SORRY 其ノ四 セッション柚子エール あら塩仕立て


yonayona201707_03.JPG


今年もやってきました、この限定ビール!
柚子の上品な香りと、仄かなあら塩のバランスが絶妙です。
何故かこれを飲んでいたら、ポカリスエットを思い出しました(笑)。



やはり週末のクラフトビールは最高です!!

nice!(48)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一枚 First Signal /「One Step Over the Line」 [メロハー]

今日は、Harem Scarem のヴォーカリストとして有名な Harry Hess をシンガーに据えた、Frontiers Music が仕掛けるプロジェクト First Signal の2016年発表の2ndアルバム「One Step Over the Line」を紹介します。
前作もこのブログで紹介しましたが、「Harry Hess に極上のメロハーナンバーを提供して、これを唄って貰おう!」という企画で始まったこのプロジェクト、当然にファンからは高い評価を得たわけで、この度、2nd発表となったようです。

【過去記事:今日の一枚 First Signal /「First Signal」へのリンクです。】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2012-08-25


今回も充実した楽曲と Harry Hess の艶やかなヴォーカルがマッチして、期待を裏切らない仕上がりとなっています。
このアルバムは、より骨太でドラマチックな作品が増えている印象です。

特に「#1」「#2」と連続してキャッチーなナンバー続き、仄かに哀愁を帯びたパワーバラードの「#3」「#4」といった序盤の流れは圧巻ですね。
この人にこのタイプのパワーバラードを唄わせたら、本当に魅せてくれますね。


first signal_one step.jpg



【「#1」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=2BP5V6EyZ-8
【「#2」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=poMMM0_FP2U
【「#3」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=jHZXStPMX-Y
【「#4」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=r00XWhfnnyg
【「#5」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=qJNcDXj7-GU
【「#6」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=UR5zrb6gZDk
【「#7」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=TvsYyRx5Hs4
【「#8」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=jZXlsVmyRTk
【「#9」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=rF2A4hv_huE
【「#10」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=BQuQEv1BLw0
【「#11」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=d4WX82FGvEY


1. Love Run Free
2. Love Gets Through
3. Still Pretending
4. Broken
5. Kharma
6. Minute Of Your Time
7. She Is Getting Away
8. December Rain
9. Weigh Me In
10. Pedestal
11. One Step Over The Line

nice!(45)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日の一枚 Allan Holdsworth /「Road Games」 [ジャズ/フュージョン]

今日は、先月、突如この世を去った孤高のギタリスト Allan Holdsworth が1983年に発表した「Road Games」を紹介します。
このアルバムは、玄人の間では既に伝説の存在だった Allan Holdsworth が、彼を敬愛してやまない Edward Van Halen のサポートを受けてメジャーシーンに登場するきっかけとなった作品です。

幻想的で浮遊感のある、彼独特の世界観が余すところなく表現されています。
実はこのアルバム、キーボード/シンセの類は一切使われておらず、全てギターによるサウンドだそうです。
このことは、下のライブ映像を見ても、キーボード奏者がいないことがわかります。

彼の逝去に際しては、非常に多くのギタリストを中心とするミュージシャンから追悼のコメントとが寄せられていました。
本当に貴重な才能を音楽界は失いました。謹んでご冥福をお祈りします。


Allan Holdsworth については、ジャズ/フュージョンをベースにプログレッシブ・ロックに至るまで、そのキャリアは幅広いものがありますが、どのバンドにいても彼の存在感は不変です。
このブログでも過去に彼が関わった作品を紹介しています。

【過去記事 今日の一枚 U.K. / 「U.K.」へのリンク】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2010-11-21-51
【過去記事 今日の一枚 Bruford /「One Of A Kind」へのリンク】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2011-12-08


こちらのライブ映像を見ていただくと、Allan Holdsworth の神業を堪能することができます。
ギターに興味のある人にとっては、まさに「一見の価値あり」です!
https://youtu.be/xWU_yFFsNtc



Allan Holdsworth.jpg


【「#1」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/qSRzaubL3V4
【「#2」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/25OCxf3ewXk
【「#3」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/IyGV-fHRYxM
【「#4」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/4Rj2eEsruh8
【「#5」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/M1y3-4P3DXw
【「#6」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/7paTvxaGbYU


1.Three Sheets To The Wind
2.Road Games
3.Water On The Brain Pt.Ⅱ
4.Tokyo Dream
5.Was There?
6.Material Real


nice!(53)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

さかえや 高田馬場総本店 [雑感]

ご無沙汰しております。(;^_^A

先日、夫婦で高田馬場に用事があり、帰りに水炊き鍋で有名な「さかえや 高田馬場総本店」にお邪魔しました。

このお店なかなか予約が取れないのですが、何とかカウンター席を確保できました。


先ずはお通し。


sakaeya_01.JPG




焼き鳥も本当に本当に美味しいです。


sakaeya_02.JPG




このだし巻き玉子、絶品です!


sakaeya_03.JPG




つくねも最高!


sakaeya_04.JPG




そして名物水炊き鍋。8時間以上かけて煮込むスープは本当にマイルドです。
お店の方が全てお世話してくれるので、私たちは食べるのみ!

最初に鶏肉をいただきます。


sakaeya_05.JPG




続いて野菜を投下。


sakaeya_06.JPG




最後はお約束の鳥雑炊。本当に幸せな気分です。


sakaeya_07.JPG




ご馳走様でした!!


sakaeya_08.JPG


【お店の公式サイト】
 http://sakaeya-takadanobaba.com/

nice!(52)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日本橋 金子半之助 江戸前天丼 [雑感]

先日、夫婦で日本橋の金子半之助に天丼を食べに行ってきました。

13:30に到着したところ、やはり行列が・・・・(◎_◎;)

kanoko_swan_01.JPG 

 

並んで待つこと約2時間。

kanoko_swan_02.JPG 

ようやく天丼と対面です。

kanoko_swan_03.JPG 

これで、950円とは滅茶苦茶コスパが高いですね。

半熟卵の天ぷらは、初めて食べました。

その後は、日本橋→東京駅界隈をぶらぶらと散策。

 

夕食は、さすがに天丼がお腹に残っているので、軽めに・・・・

kanoko_swan_08.JPG 

SWANLAKE Pub Edo 八重洲店にお邪魔しました。

kanoko_swan_04.JPG 

先ずは、「スワンレイク♯B-IPA」をいただきます。

 

kanoko_swan_06.JPG 

おつまみも軽目です。

 

kanoko_swan_07.JPG 

 2杯目は、「越乃米こしひかり仕込み」です。

不思議なもので、満腹だと普段ならガンガンいけるビールがお腹に入りません。。。。

というわけで、素直に家路につくのでした。。。。。 


nice!(58)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一枚 Bryan Cole /「Sands Of Time」 [メロハー]

今日は、アメリカのシンガーソングライター Bryan Cole が、2016年にリリースしたデビューアルバム「Sands Of Time」を紹介します。
虹色の美しいジャケットデザインが印象的ですが、中身の方も期待を裏切らず、メロディアスな楽曲に、クリアで瑞々しいハイトーンヴォイスが素晴らしくマッチした高いレベルの仕上がりとなっています。

2016年に発表されたAOR/メロディックハードのジャンルの作品の中でも1、2を争う名盤です。
 
爽快なメロディックハードの「#2」「#3」「#5」「#9」「#10」や、Stan Bush を彷彿させる、哀愁を帯びたメロディックハードの「#4」「#7」、ドラマチックなパワーバラードの「#6」「#11」など、デビュー作とはとても思えない、捨て曲なしの完成度です。

これは次作以降が楽しみですね。
 
 
bryan cole.jpg 
 

【「#1」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=Ao4hWuro22g
【「#2」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=5skRrSWpPxk
【「#3」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=1DMpXUDVxaQ
【「#4」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=xf-bpQiCZUQ
【「#5」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=JYCOnD-GEZo
【「#6」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=j9ro5rotVfs
【「#7」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=QFn2FB4Emew

1.Burning With A Reason
2.Hard To Find An Easy Way
3.When Love Breaks
4.What Kind Of Fool
5.Turn To Me
6.I'll Be There For You
7.We Lost The Fire
8.More Than A Memory
9.Is It Really Love
10.Courage To Love
11.Nothing Matters

【Officialサイトへのリンクです】
http://www.bryancolemusic.com/

nice!(56)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

YONA YONA BEER WORKS のお得なパーティプラン [ビール]

YONA YONA BEER WORKSさんでは、期間限定でとてもお得なパーティプランが企画されます。

今回は、2月末までのパーティプランです。

7種類の料理に 2時間飲み放題がついて5400円(税込み)です。特に、ビールに関しては、何と12種類のクラフトビールが飲み放題です。

yybw201702_01.JPG 

この日の、限定ビールは、①月面画報 ②僕ビール君ビール でした。

最初の一杯は、「月面画報」です。

yybw201702_02.JPG 

 

 料理もお腹一杯食べれます。最初に「オードブル盛り合わせ3種」です。

yybw201702_03.JPG 

 

定番の「森の ヤッホーサラダ」です。上にかけるキノコのソティーがポイントですね。

yybw201702_04.JPG 

 

「皮付きスパイシーポテト」もビールによく合います。

yybw201702_05.JPG 

 

2杯目は、「僕ビール君ビール」です。先ずは限定ビールから攻めます。

yybw201702_06.JPG 

 

続いて「東京ブラック」です。この辺りから種類を飲みたいので、ハーフサイズでいきます。通常は割高のハーフサイズですが、飲み放題なので大丈夫です。

yybw201702_07.JPG 

 

続いてこちらも定番の「ソーセージ」です。

yybw201702_08.JPG 

 

名物の「ローストチキン」です。皮がパリパリで、とてもスパイシーです。

yybw201702_09.JPG 

 

続いて「よなよなリアルエール」です。(酔っ払っているせいかピントが合わず失礼しました。。。)

yybw201702_11.JPG 

 

締めの一杯は、お気に入りのIPA「インドの青鬼」です。再びレギュラーサイズに戻します。

yybw201702_12.JPG 

 

アンコールで(笑)、「ハレの日仙人」をいただきましたが、写真を撮り忘れてしまいました。。。。(;^_^A 

美味しいクラフトビールとビールによく合う料理が堪能できる、素敵なプランでした! 


nice!(55)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一枚 Mark Spiro /「Devotion」 [AOR]

今日は、アメリカのシンガー・ソング・ライター Mark Spiro が1998年に発表したアルバム「Devotion」を紹介します。

この人のソング・ライターとしてのキャリは物凄く、Bad English、John Waite、Giant、Heart、Cheap Trick、REO Speedwagon、Mr. Big、Kansas、Winger など挙げたらきりがありません。
メロディアスでありながら骨太でキャッチーな作風が持ち味の Mark Spiro ですが、このアルバムでも期待通りのクオリティの高い楽曲が詰まっています。

特にこのアルバムは、Dann Huff、Tim Pierce、Michael Thompson といった強力なギタリストを迎えているため、エッジのきいたギターオリエンテッドなサウンドとなっています。
「#4」「#5」などのギターソロは、エモーショナルで最高です。
Mark Spiro のヴォーカルが、ハスキーで奥深い味わいがあるので、このサウンドとよくマッチしていますね。
 
因みにエモーショナルなパワーバラードの「#11」は、Giant の「Ⅲ」にも収録されています。
 
Mark Spiro_Devotion.jpg 
 

【「#1」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/FTsK_wsW3LE
【「#5」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/UmNWlz10yGk
【「#7」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/z5dsECGEgsk
【「#8」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/8CNsk7iDZRU
【「#11」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/tHmNVcnRCW8

1.My Devotion
2.Rhythm Of You
3.The Rain Came Tumblin Down
4.Time Keeps Ticking
5.Love Is War
6.Kiss The World Away
7.Sunset City
8.Better With A Broken Heart
9.Campbell River Road
10.Valdez
11.Don't Leave Me In Love
12.Guardian Angel
13.Desert Bloom

nice!(54)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -

images01.jpg