So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

日本橋 金子半之助 江戸前天丼 [雑感]

先日、夫婦で日本橋の金子半之助に天丼を食べに行ってきました。

13:30に到着したところ、やはり行列が・・・・(◎_◎;)

kanoko_swan_01.JPG 

 

並んで待つこと約2時間。

kanoko_swan_02.JPG 

ようやく天丼と対面です。

kanoko_swan_03.JPG 

これで、950円とは滅茶苦茶コスパが高いですね。

半熟卵の天ぷらは、初めて食べました。

その後は、日本橋→東京駅界隈をぶらぶらと散策。

 

夕食は、さすがに天丼がお腹に残っているので、軽めに・・・・

kanoko_swan_08.JPG 

SWANLAKE Pub Edo 八重洲店にお邪魔しました。

kanoko_swan_04.JPG 

先ずは、「スワンレイク♯B-IPA」をいただきます。

 

kanoko_swan_06.JPG 

おつまみも軽目です。

 

kanoko_swan_07.JPG 

 2杯目は、「越乃米こしひかり仕込み」です。

不思議なもので、満腹だと普段ならガンガンいけるビールがお腹に入りません。。。。

というわけで、素直に家路につくのでした。。。。。 


nice!(54)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一枚 Bryan Cole /「Sands Of Time」 [メロハー]

今日は、アメリカのシンガーソングライター Bryan Cole が、2016年にリリースしたデビューアルバム「Sands Of Time」を紹介します。
虹色の美しいジャケットデザインが印象的ですが、中身の方も期待を裏切らず、メロディアスな楽曲に、クリアで瑞々しいハイトーンヴォイスが素晴らしくマッチした高いレベルの仕上がりとなっています。

2016年に発表されたAOR/メロディックハードのジャンルの作品の中でも1、2を争う名盤です。
 
爽快なメロディックハードの「#2」「#3」「#5」「#9」「#10」や、Stan Bush を彷彿させる、哀愁を帯びたメロディックハードの「#4」「#7」、ドラマチックなパワーバラードの「#6」「#11」など、デビュー作とはとても思えない、捨て曲なしの完成度です。

これは次作以降が楽しみですね。
 
 
bryan cole.jpg 
 

【「#1」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=Ao4hWuro22g
【「#2」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=5skRrSWpPxk
【「#3」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=1DMpXUDVxaQ
【「#4」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=xf-bpQiCZUQ
【「#5」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=JYCOnD-GEZo
【「#6」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=j9ro5rotVfs
【「#7」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=QFn2FB4Emew

1.Burning With A Reason
2.Hard To Find An Easy Way
3.When Love Breaks
4.What Kind Of Fool
5.Turn To Me
6.I'll Be There For You
7.We Lost The Fire
8.More Than A Memory
9.Is It Really Love
10.Courage To Love
11.Nothing Matters

【Officialサイトへのリンクです】
http://www.bryancolemusic.com/

nice!(54)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

YONA YONA BEER WORKS のお得なパーティプラン [ビール]

YONA YONA BEER WORKSさんでは、期間限定でとてもお得なパーティプランが企画されます。

今回は、2月末までのパーティプランです。

7種類の料理に 2時間飲み放題がついて5400円(税込み)です。特に、ビールに関しては、何と12種類のクラフトビールが飲み放題です。

yybw201702_01.JPG 

この日の、限定ビールは、①月面画報 ②僕ビール君ビール でした。

最初の一杯は、「月面画報」です。

yybw201702_02.JPG 

 

 料理もお腹一杯食べれます。最初に「オードブル盛り合わせ3種」です。

yybw201702_03.JPG 

 

定番の「森の ヤッホーサラダ」です。上にかけるキノコのソティーがポイントですね。

yybw201702_04.JPG 

 

「皮付きスパイシーポテト」もビールによく合います。

yybw201702_05.JPG 

 

2杯目は、「僕ビール君ビール」です。先ずは限定ビールから攻めます。

yybw201702_06.JPG 

 

続いて「東京ブラック」です。この辺りから種類を飲みたいので、ハーフサイズでいきます。通常は割高のハーフサイズですが、飲み放題なので大丈夫です。

yybw201702_07.JPG 

 

続いてこちらも定番の「ソーセージ」です。

yybw201702_08.JPG 

 

名物の「ローストチキン」です。皮がパリパリで、とてもスパイシーです。

yybw201702_09.JPG 

 

続いて「よなよなリアルエール」です。(酔っ払っているせいかピントが合わず失礼しました。。。)

yybw201702_11.JPG 

 

締めの一杯は、お気に入りのIPA「インドの青鬼」です。再びレギュラーサイズに戻します。

yybw201702_12.JPG 

 

アンコールで(笑)、「ハレの日仙人」をいただきましたが、写真を撮り忘れてしまいました。。。。(;^_^A 

美味しいクラフトビールとビールによく合う料理が堪能できる、素敵なプランでした! 


nice!(54)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一枚 Mark Spiro /「Devotion」 [AOR]

今日は、アメリカのシンガー・ソング・ライター Mark Spiro が1998年に発表したアルバム「Devotion」を紹介します。

この人のソング・ライターとしてのキャリは物凄く、Bad English、John Waite、Giant、Heart、Cheap Trick、REO Speedwagon、Mr. Big、Kansas、Winger など挙げたらきりがありません。
メロディアスでありながら骨太でキャッチーな作風が持ち味の Mark Spiro ですが、このアルバムでも期待通りのクオリティの高い楽曲が詰まっています。

特にこのアルバムは、Dann Huff、Tim Pierce、Michael Thompson といった強力なギタリストを迎えているため、エッジのきいたギターオリエンテッドなサウンドとなっています。
「#4」「#5」などのギターソロは、エモーショナルで最高です。
Mark Spiro のヴォーカルが、ハスキーで奥深い味わいがあるので、このサウンドとよくマッチしていますね。
 
因みにエモーショナルなパワーバラードの「#11」は、Giant の「Ⅲ」にも収録されています。
 
Mark Spiro_Devotion.jpg 
 

【「#1」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/FTsK_wsW3LE
【「#5」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/UmNWlz10yGk
【「#7」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/z5dsECGEgsk
【「#8」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/8CNsk7iDZRU
【「#11」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/tHmNVcnRCW8

1.My Devotion
2.Rhythm Of You
3.The Rain Came Tumblin Down
4.Time Keeps Ticking
5.Love Is War
6.Kiss The World Away
7.Sunset City
8.Better With A Broken Heart
9.Campbell River Road
10.Valdez
11.Don't Leave Me In Love
12.Guardian Angel
13.Desert Bloom

nice!(54)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

GLASS DANCE 新宿店 [ビール]

先週、夫婦でショッピングに新宿に行ってきました。

夕食は、GLASS DANCE 新宿店にお邪魔しました。

夕食で息子と合流し3人です。

 

実は前の週も夫婦で来たのですが、その時は天ぷらを食べた後で、満腹だったのでビールのみでした。

GLASS DANCE_01.JPG 

私は、「デ・コーニンク」。奥さんは、「ベルホワイト」です。

 

GLASS DANCE_02.JPG 

2杯目は、 「富士桜高原麦酒 燻製ビール(ラオホ)」でした。

 

さて、今回は・・・・

GLASS DANCE_03.JPG 

私が「ホメルビール」、奥さんがお気に入りの「ベルホワイト」、息子が「クランベリー&ハイビスカス レモネード」です(彼は、お酒が弱い・・・・)。

このお店は、 GLASS DANCE の中でもかなり広いです。

GLASS DANCE_05.JPG 

GLASS DANCE_04.JPG 

今回は、料理もガッツリいきます。 ここは、料理もなかなかです!

GLASS DANCE_06.JPG 

GLASS DANCE_07.JPG 

GLASS DANCE_08.JPG 

ここの売りの「氷温熟成 牛トモサンカク グリル」は美味しかったです。 

GLASS DANCE_09.JPG 

GLASS DANCE_11.JPG 

GLASS DANCE_13.JPG 

 

 

2杯目は、「レフ・ブロンド」です。

GLASS DANCE_10.JPG 

 

3杯目は、ここのオリジナルの「蜂蜜ライム&ハーブ ハイボール」でした。

モヒートに似た味わいで美味しかったです。

GLASS DANCE_12.JPG 

 

ご馳走様でした!! 


nice!(64)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今年もよろしくお願いします。 [雑感]

050-04.jpg
 
 
12月は思いっきりブログの更新をさぼってしまいました。。。(◎_◎;)
 
今年もマイペースで更新していきますので(なるべくコンスタントに)、よろしくお願いします。 

nice!(60)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一枚 George Howard /「Midnight Mood」 [ジャズ/フュージョン]

今日は、アメリカのサックス奏者 George Howard が 1998年に発表したアルバム「Midnight Mood」を紹介します。
最近このブログで紹介している作品は、どれもこの時期の夜にグラスを傾けながら聴くには最高のものですが、この作品もその一つです。
アーバンナイトなイメージの「#1」「#3」「#5」「#6」に、ムーディなヴォーカルナンバーの「#8」など、アルバムタイトルの通りのナンバーが堪能できます。

何故か「#4」「#9」という他の曲とは対極のナンバーが収録されていますが、洗練されたアレンジのため、アルバム全体の雰囲気は損ねていないところは流石ですね。
 
George Howard は、あの Grover Washington Jr.に見出されて、脚光を浴びることになり1982年のデビュー作から通算14枚のアルバムを発表しましたが、本当に残念ながら 1998年にリンパ腫のため 41歳の若さでなくなってしまいました。
 
 
midnight mood.jpg 
 

【「#1」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/WoIaig1UzaU
【「#2」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/T175yw7xNiU
【「#3」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/Hf0ZyYJpkt0
【「#5」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/SWAknT-BruA
【「#6」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/s2Kz-4qrJQ0
【「#7」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/PHzwet-k4VM
【「#8」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/sZHCx_HXC4k

【アルバム全曲のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=gobUcQn_UWY&t=396s

1. Within Your Eyes
2. Exodus
3. Midnight Mood
4. Africa
5. Silent Thoughts
6. Still In Love
7. Smooth
8. Find Your Way
9. Africa (Reprise)


nice!(56)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日の一枚 Brian Culbertson /「Another Long Night Out」 [ジャズ/フュージョン]

今日は、アメリカのジャズ/フュージョン界で活躍するピアニスト Brian Culbertson が2014年に発表したアルバム「Another Long Night Out」を紹介します。
このアルバムは、1994年に発表した自身のデビューアルバム「Long Night Out」を、豪華ゲストを迎えて再演奏したものです。
彼のピアノは、都会的で流麗なタッチとパーカッシブなタッチが印象的です。
豪華ゲストの演奏もさることながら、楽曲・演奏ともに素晴らしく、秋の夜長のウィスキーの友には最高のアルバムです。
まさに都会の夜を想わせる「#1」「#10」や美しいバラードの「#3」「#9」「#11」など、素敵な曲が溢れています。
 
ALNO-Cover-Final.jpg 
 

【「#1」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/310bbatMSyA?list=PLBXEsM4BkX9trNCJY86E6rAbLtPkxbebb
【「#2」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/VneMrg7c45s?list=PLBXEsM4BkX9trNCJY86E6rAbLtPkxbebb
【「#3」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/K8jpRjIvfFU?list=PLBXEsM4BkX9trNCJY86E6rAbLtPkxbebb
【「#4」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/D6ggpSWsHGI?list=PLBXEsM4BkX9trNCJY86E6rAbLtPkxbebb
【「#5」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/MZJW2lA_2ZM?list=PLBXEsM4BkX9trNCJY86E6rAbLtPkxbebb
【「#6」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/Z10YfvXm9Ps?list=PLBXEsM4BkX9trNCJY86E6rAbLtPkxbebb
【「#7」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/B9XP3TTStGY?list=PLBXEsM4BkX9trNCJY86E6rAbLtPkxbebb
【「#8」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/5lYnHI8Cf-g?list=PLBXEsM4BkX9trNCJY86E6rAbLtPkxbebb
【「#9」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/Mprg7vV4hzo?list=PLBXEsM4BkX9trNCJY86E6rAbLtPkxbebb
【「#10」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/bizkf-_8Xkg?list=PLBXEsM4BkX9trNCJY86E6rAbLtPkxbebb
【「#11」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/9MNzeIJ7t5U?list=PLBXEsM4BkX9trNCJY86E6rAbLtPkxbebb

1.City Lights (feat. Lee Ritenour)
2.Fullerton Ave. (feat. Chuck Loeb)
3.Beyond The Frontier
4.Heroes Of The Dawn (feat. Eric Marienthal & Rick Braun)
5.Beautiful Liar (feat. Steve Lukather)
6.Double Exposure (feat. Russ Freeman)
7.Twilight (feat. Eric Marienthal)
8.Horizon (feat. "Patches" Stewart)
9.Alone With You
10.Long Night Out (feat. Candy Dulfer)
11.Changing Tides (feat. Jonathan Butler)

【Officialサイトへのリンクです】
http://www.brianculbertson.com/



nice!(43)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

日本橋 つじ半 ぜいたく丼 [雑感]

「2時間並んでも食べる価値がある」と評判の、日本橋「つじ半」に海鮮丼を食べに行ってきました。
つじ半は、行列ができる天丼で有名な「金子半之助」と、これまた行列が途切れないつけ麺の「めん徳 二代目 つじ田」とのコラボによるお店だそうです。
(だから名前もそれぞれから取って「つじ半」なんですねぇ。。。。)
 
 
奥さんと息子とともに現地に到着したのは、日曜日の11:15です。開店後15分経過で既に40人程の行列が。。。(◎_◎;)
待つこと何と2時間!
 
tsujihan_01.JPG 
 
tsujihan_02.JPG 
 
 
メニューは、ぜいたく丼(海鮮丼)のみです。
特上(2,980円)松(1,980円)竹(1,450円)梅(990円)のヴァリエーションがあります。
我々は、「松」をオーダーしました。「梅」に「いくら」「カニ」「ウニ」が追加されます。
海鮮丼とごまだれの刺身がきます。
 
tsujihan_04.JPG 

食べ方のガイドがあります。
黄身醤油にワサビを溶いてかけてからいただきます!
 
tsujihan_03.JPG 
 

う~ん、絶品です。
マグロのたたきをベースに海鮮が豪華にトッピングされています。
特にウニといくらがいい仕事しています。(^^♪
 
tsujihan_05.JPG 
 

店主お勧めのとおり、どんぶりを完食してから、ご飯を少し追加してもらい鯛だしを注いでお茶漬けに。
残しておいた刺身2切れを乗せていただきます。
 
tsujihan_06.JPG 
 

これもまた美味です。だしがかなり濃厚で、幸せな気持ちになります。
 
 
銀座で少し遊んでから帰途に。。。。 
 

帰り道、町田でお茶代わりにお気に入りの「Abbot's Choice」へ。
お茶と言いながらクラフトビールを。。。。('◇')ゞ
 
A_Cho_05.JPG 
 
 
1杯目は、ヤッホーブルーイングの「SORRY UMAMI IPA」があったので、思わずオーダー。
このブログでも紹介しました。
 
A_Cho_01.JPG 
 

「フィッシュ&チップス」は、絶品でしたね。
お魚は、新鮮な魚をチョイスして毎日変わります。この日は、ヒラメでした。
 
A_Cho_02.JPG 
 
 
2杯目は、ブリュードッグ・ブルワリーの「パンプキン・キング」でした。
微かな甘みとスパイシーな香がなかなかでした。
 
A_Cho_03.JPG 
 
 
続いてのおつまみは、「舞茸と砂肝のフライ」です。
これも最高でした。
 
A_Cho_04.JPG 
 
 
何とも贅沢な休日でした。

nice!(49)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一枚 Chris Botti /「Night Sessions」 [ジャズ/フュージョン]

今日は、アメリカ・フュージョン界のトランペット奏者 Chris Botti が、2001年に発表したアルバム「Night Sessions 」を紹介します。
Chris Botti は、ジャズ・フュージョン界のアーティストだけではなく、Paul Simon や Sting との共演でも有名ですね。
特に雨の都会の夜を想わせる、独特の翳りと艶やかさは、トランペットという楽器を超えて奏でられているように感じます。
どの曲も素晴らしく、オープニングからグッと惹きつけられます。特に「#1」から「#5」までの流れが素晴らしいです。
ヴォーカルナンバーの「#5」は、Sting のペンによるもの。
秋の夜長には、こんな素敵なアルバムを聴きながらグラスを傾けるのが最高ですね。
 
night sessions.jpg 
 

【「#1」のyoutubeへのリンクです】★
https://youtu.be/Z_G8JTmQcDQ
【「#2」のyoutubeへのリンクです】★
https://youtu.be/NftWXfmtkrU
【「#3」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/InnR1bQ2XV4
【「#4」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/w33Ocl0qr4s
【「#5」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/mEnaNDLmKyc
【「#6」のyoutubeへのリンクです】★
https://youtu.be/pcRPTt_mL4k
【「#7」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/1wgLNamj-lc
【「#8」のyoutubeへのリンクです】★
https://youtu.be/0vJi60Afies
【「#9」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/Ww5j7FXXhUE
【「#10」のyoutubeへのリンクです】★
https://youtu.be/6OBtsxbUkKQ
【「#11」のyoutubeへのリンクです】★
https://youtu.be/x9TIAkPHoto
【「#12」のyoutubeへのリンクです】★
https://youtu.be/MslXrUQWuME
※個人的に「おすすめ」なナンバーには、★マークをつけていますので、ご参考までに。

1.Lisa
2.Miami Overnight
3.Streets Ahead
4.Interlude
5.All Would Envy
6.Best Time
7.When I See You
8.You Move Me
9.Blue Horizon
10.Light The Stars
11.Through An Open Window
12.Easter Parade

【Officialサイトへのリンクです】
http://www.chrisbotti.com/






nice!(46)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -

images01.jpg