So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の一枚 Bruford /「One Of A Kind」 [ジャズ/フュージョン]

今日は、Yes、KIng Crimson、U.K.などのバンドを渡り歩いた、プログレッシヴ・ロック、ジャズ・ロック界を代表する名ドラマー Bill Bruford のソロ・プロジェクトである、Bruford の1979年発表のアルバム「One Of A Kind」を紹介します。
メンバーは、Allan Holdsworth(G)、Jeff Berlin(B)、Dave Stewart(Key)と、プログレッシヴ・ロック、ジャズ・ロック界の名プレーヤーが名を連ねている、夢のプロジェクトバンドでした。
全ての楽器が高度なテクニックに裏付けされたテンションの高い演奏と変幻自在のプログレッシヴ・ジャズ・フュージョンが展開されています。
各楽器のプレイヤーや、プログレやフュージョンが好きな方まで、楽しめながらも圧倒されるアルバムだと思います。

One Of A Kind.jpg

【今日の一枚 U.K. / 「U.K.」へのリンクです】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2010-11-21-51

「#1」は、少しダークでエキゾチックなナンバーです。オープニングから変拍子の嵐に、超絶テクのギターソロ、ベースランニングと圧倒されます。
「#2」「#3」は、Keyが活躍するプログレ色の強いナンバーです。特にPartⅡの各楽器のバトルが息をのむ凄さを感じます。
「#4」は、バラード調に始まるナンバーですが、途中から賑やかになります(笑)。目まぐるしく曲想が変わるファンタスティックなナンバーです。
「#5」は、ミステリアスな男女の会話から始まるクロスオーバーなナンバーです。Allan のギターがジャジーに宙を舞います。中間部のKeyが活躍するブレイクは、まさにプログレの匂いがプンプンです。
「#6」は、Jeff が大活躍するフュージョンナンバーです。イントロのスラップが格好良いです。しかし、Allan のギターと Jeff のベースは、本当に相性が良いみたいで、見事に絡みますね!
「#7」も、フュージョンテイストのポジティブなナンバーです。珍しくAllan がツイン・リードを弾いていますね。
「#8」は、U.K.で同僚だった Eddie Jobson の美しいエレクトリック・ヴァイオリンが聴けます。
「#9」は、透明感のあるピアノの旋律が美しい曲です。雪が舞うように弾きまくる Allan のギターが華麗ですね。
「#10」は、「#9」の続編ですが、Allan がギターを縦横無尽に操ります。

【「#1」のyoutubeへのリンクです】★
http://www.youtube.com/watch?v=lFoYsqVqDcU&feature=related
【「#2-3」のyoutubeへのリンクです】
http://www.youtube.com/watch?v=NA8A2kmCfFI
【「#4」のyoutubeへのリンクです】★
http://www.youtube.com/watch?v=lncs2pjrau4&feature=related
【「#5」のyoutubeへのリンクです】
http://www.youtube.com/watch?v=OpwmFeW5MPs
【「#6」のyoutubeへのリンクです】★
http://www.youtube.com/watch?v=89ZVXqw770A&feature=related
【「#7」のyoutubeへのリンクです】★
http://www.youtube.com/watch?v=8YtgdmDl5-c&feature=related
【「#8」のyoutubeへのリンクです】★
http://www.youtube.com/watch?v=1WeGkMmrg2w&feature=related
【「#9」のyoutubeへのリンクです】★
http://www.youtube.com/watch?v=32tR5-cv_4s&feature=related
【「#10」のyoutubeへのリンクです】★
http://www.youtube.com/watch?v=uSwfXJWJcZE&feature=related


※個人的に「おすすめ」なナンバーには、★マークをつけていますので、ご参考までに。


1.Hell's Bells 
2.One Of A Kind Part 1 
3.One Of A Kind Part 2 
4.Travels With Myself... And Someone Else 
5.Fainting In Coils 
6.Five G 
7.The Abingdon Chasp 
8.Forever Until Sunday 
9.The Sahara Of Snow Part 1 
10.The Sahara Of Snow Part 2 
11.Manacles 


【Officialサイトへのリンクです】
http://www.billbruford.com/


nice!(23)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 23

コメント 16

yukky_z

このDave Stewart と、元 ユーリズミックスのDave Stewart は
別人ってことですよね(^^)? プログレに疎いもので^^;
by yukky_z (2011-12-09 15:44) 

オカジュン765

こんばんわ。まいど訪問おおきにです。
旺盛な好奇心、結構な事じゃないですか。しかし深く真髄を極めるような志、広く浅くの好奇心の私には決してマネの出来ない事で尊敬します。
by オカジュン765 (2011-12-09 20:02) 

rtfk

ああぁ~実に懐かしいです^^)
by rtfk (2011-12-09 22:35) 

銀狼

Yesやキンクリ・・・
懐かしい名前ですねぇ^^
by 銀狼 (2011-12-10 02:02) 

seawind335

yukky_zさん、nice&コメント有難うございます。
そうなんです、よく間違われるようですが、別人なんです。(^^♪
by seawind335 (2011-12-10 11:56) 

seawind335

オカジュンさん、nice&コメント有難うございます。
いやー、私もそんないは「深く」ないですよー・・・・(^_^;)
by seawind335 (2011-12-10 11:59) 

seawind335

rtfkさん、nice&コメント有難うございます。
あはは、懐かしいでしょー (*^^)v
by seawind335 (2011-12-10 12:00) 

seawind335

銀狼さん、nice&コメント有難うございます。
結構、プログレも聴いていましたので。(*^_^*)

さすがにカラオケでは、歌いませんが(爆)
by seawind335 (2011-12-10 12:01) 

seawind335

xml_xslさん、
Renさん、
ゆうのすけさん、
キャラハンさん、

訪問&nice有難うございます。
by seawind335 (2011-12-10 12:02) 

seawind335

nikiさん、
zakさん、
マチャさん、
キャスリーン・ケリーさん、

訪問&nice有難うございます。
by seawind335 (2011-12-10 12:03) 

seawind335

Studio-Ozさん、
HAtAさん、
MDISATOHさん、
やよりんさん、

訪問&nice有難うございます。
by seawind335 (2011-12-10 12:05) 

seawind335

こしひかりさん、
アールグレイさん、
せいじさん、
DEBDYLANさん、

訪問&nice有難うございます。
by seawind335 (2011-12-10 12:06) 

seawind335

タッチおじさん、
ちくわさん、

訪問&nice有難うございます。
by seawind335 (2011-12-23 01:02) 

seawind335

munesueさん、訪問&nice有難うございます。
by seawind335 (2011-12-28 01:46) 

雑食性リスナー

One Of A Kind を探していて、またやって来ました。 :-)

このアルバム大好きだったんですが、CD を入手していないんですよね…

Allan Holdsworth が Bruford で弾いているのって、これ一枚でしたっけ?ソロ名義(Bill Bruford)なら Feels Good To Me とかもありましたよね?

あー、中古屋めぐりをしなければ。
by 雑食性リスナー (2012-09-12 16:10) 

seawind335

雑食性リスナーさん、こんばんは!

このアルバムは、最高ですね!
何と言っても4人のテンションが半端ではないですよね。(*^^)v

ところで・・・・Allan Holdsworth の音源ですが。。。
名義であれば、「Feels Good To Me 」の他にベスト盤の「Master Strokes 1978 」。
Bill Brufordとの競演であれば、UKの1st「UK」や幻のLive盤「Concert Classics, Vol. 4」で聴くことが出来ますね!

このアルバムも含めて、某密林サイトでは、結構お手頃価格で入手できますね。
by seawind335 (2012-09-13 01:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

images01.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。