So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の一枚 First Signal /「One Step Over the Line」 [メロハー]

今日は、Harem Scarem のヴォーカリストとして有名な Harry Hess をシンガーに据えた、Frontiers Music が仕掛けるプロジェクト First Signal の2016年発表の2ndアルバム「One Step Over the Line」を紹介します。
前作もこのブログで紹介しましたが、「Harry Hess に極上のメロハーナンバーを提供して、これを唄って貰おう!」という企画で始まったこのプロジェクト、当然にファンからは高い評価を得たわけで、この度、2nd発表となったようです。

【過去記事:今日の一枚 First Signal /「First Signal」へのリンクです。】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2012-08-25


今回も充実した楽曲と Harry Hess の艶やかなヴォーカルがマッチして、期待を裏切らない仕上がりとなっています。
このアルバムは、より骨太でドラマチックな作品が増えている印象です。

特に「#1」「#2」と連続してキャッチーなナンバー続き、仄かに哀愁を帯びたパワーバラードの「#3」「#4」といった序盤の流れは圧巻ですね。
この人にこのタイプのパワーバラードを唄わせたら、本当に魅せてくれますね。


first signal_one step.jpg



【「#1」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=2BP5V6EyZ-8
【「#2」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=poMMM0_FP2U
【「#3」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=jHZXStPMX-Y
【「#4」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=r00XWhfnnyg
【「#5」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=qJNcDXj7-GU
【「#6」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=UR5zrb6gZDk
【「#7」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=TvsYyRx5Hs4
【「#8」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=jZXlsVmyRTk
【「#9」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=rF2A4hv_huE
【「#10」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=BQuQEv1BLw0
【「#11」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=d4WX82FGvEY


1. Love Run Free
2. Love Gets Through
3. Still Pretending
4. Broken
5. Kharma
6. Minute Of Your Time
7. She Is Getting Away
8. December Rain
9. Weigh Me In
10. Pedestal
11. One Step Over The Line

nice!(46)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日の一枚 Allan Holdsworth /「Road Games」 [ジャズ/フュージョン]

今日は、先月、突如この世を去った孤高のギタリスト Allan Holdsworth が1983年に発表した「Road Games」を紹介します。
このアルバムは、玄人の間では既に伝説の存在だった Allan Holdsworth が、彼を敬愛してやまない Edward Van Halen のサポートを受けてメジャーシーンに登場するきっかけとなった作品です。

幻想的で浮遊感のある、彼独特の世界観が余すところなく表現されています。
実はこのアルバム、キーボード/シンセの類は一切使われておらず、全てギターによるサウンドだそうです。
このことは、下のライブ映像を見ても、キーボード奏者がいないことがわかります。

彼の逝去に際しては、非常に多くのギタリストを中心とするミュージシャンから追悼のコメントとが寄せられていました。
本当に貴重な才能を音楽界は失いました。謹んでご冥福をお祈りします。


Allan Holdsworth については、ジャズ/フュージョンをベースにプログレッシブ・ロックに至るまで、そのキャリアは幅広いものがありますが、どのバンドにいても彼の存在感は不変です。
このブログでも過去に彼が関わった作品を紹介しています。

【過去記事 今日の一枚 U.K. / 「U.K.」へのリンク】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2010-11-21-51
【過去記事 今日の一枚 Bruford /「One Of A Kind」へのリンク】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2011-12-08


こちらのライブ映像を見ていただくと、Allan Holdsworth の神業を堪能することができます。
ギターに興味のある人にとっては、まさに「一見の価値あり」です!
https://youtu.be/xWU_yFFsNtc



Allan Holdsworth.jpg


【「#1」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/qSRzaubL3V4
【「#2」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/25OCxf3ewXk
【「#3」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/IyGV-fHRYxM
【「#4」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/4Rj2eEsruh8
【「#5」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/M1y3-4P3DXw
【「#6」のyoutubeへのリンクです】
https://youtu.be/7paTvxaGbYU


1.Three Sheets To The Wind
2.Road Games
3.Water On The Brain Pt.Ⅱ
4.Tokyo Dream
5.Was There?
6.Material Real


nice!(53)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

images01.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。