So-net無料ブログ作成
カクテル ブログトップ
前の10件 | -

今日の一杯 スタンレー [カクテル]

今日は、カクテル「スタンレー」について書きたいと思います。
このカクテルは、カクテルブックなどでは一応、「ラムベース」に分類されることが多いようですが、実際にはジンも同量入っており両者対等の関係にあります。

うっすらとしたピンクが綺麗な見た目に反して、結構ガツンときます。
何しろ殆どラム+ジンですから、かなりのアルコール度です(だいたい35度前後ですね)。
レシピの関係上、ラムベースの有名なカクテル「バカルディ」と同じ色です。

ジンやラムの香りが好きな方には(そして強めなカクテルが好きな方にも)、受けるカクテルではないかと思います。
レシピが簡単なので私もたまに作って飲みます。
我が家に常備している銘柄から作ると「バカルディ」+「ビーフィーター」になります。
組み合わせる銘柄を変えてみるのも楽しみですね。
 
STANLEY.JPG 
 


【スタンレー】
ライトラム・・・・・・・30ml
ドライジン・・・・・・・30ml
グレナデンシロップ・・・1tsp
レモンジュース・・・・・1tsp

シェイカーに以上の材料を氷とともに入れてシェイクし、カクテルグラスに注ぐ。


このカクテルに合う曲は・・・
David Sanborn で「Lesley Ann」

【youtubeへのリンクです】

nice!(60)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一杯 ニューヨークシティ・セレナーデ [カクテル]

今日は、オリジナルのカクテル「ニューヨークシティ・セレナーデ」をご紹介したいと思います。
イメージは、ニューヨークの黄昏です。クリストファー・クロスの同名(邦題)のヒット曲がありましたね。

このカクテルは、自宅で「ジャックローズ」を作っている時に閃いたもので、「ギムレット」と「ジャックローズ」の掛け合わせのようなものです。
従って別名「ギムレット・ローズ」(笑)!

先日、CADIZ BAR でマスターに作っていただきました。(写真はその時のものです。)
やはり自分で作るよりはるかに美味しかったです。
マスターは、私のレシピよりカルヴァドスを少なめに、グレナデンシロップとガムシロップを1tspずつ入れていたようです。

簡単なレシピなので、興味のある方は是非お試しください。
 
N.Y.C.S.JPG
 


【ニューヨークシティセレナーデ】
ジン・・・・・・・・・・40ml
カルヴァドス・・・・・・ 5ml
ライムジュース・・・・・15ml
グレナデンシロップ・・・2tsp

シェイカーに以上の材料を氷とともに入れてシェイク。



このカクテルに合う曲は・・・
当然、Christopher Cross「Arthur's Theme(邦題:ニューヨークシティセレナーデ)」ですね!

【youtubeへのリンクです】

nice!(61)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一杯 雪国 [カクテル]

寒い日が続きますね。。。。。

というわけで今日は、カクテル「雪国」について書きたいと思います。
このカクテルは、日本で生まれた由緒あるカクテルで、1959年に行われたサントリーのカクテル・コンクールで優勝した作品です。

考案者は、山形県酒田市で喫茶店&BAR「ケルン」を経営している伝説のバーテンダー井山計一氏です。
1926年生まれで今年88歳の井山氏は、今でも現役バーテンダーとしてカウンターに立ち続けているそうです。

このカクテルは、井山氏の故郷山形の緑の山々に降り積もった雪を表現したものと言われ、グラスの縁のスノースタイルに、カクテルの色、沈められたミント・チェリー、が見事に雪国の風景を表現しています。
レシピは、同じウォッカ・ベースの「バラライカ」(ウォッカ:30ml/ホワイト・キュラソー:15ml/レモン・ジュース:15ml)に近いものですが、シュガーでのスノースタイル、コーディアル・ライム・ジュース、ミント・チェリーにより、甘めのテイストになります。

ところでこのカクテルですが、オリジナル・レシピではライム・ジュースは、「コーディアル・ライム」(加糖されているもの)を使うとされています。

日本では、「カクテル・ライム」が有名ですね。
こんなやつです。
  ↓


suntory-lime.jpg

したがって、フレッシュ・ライムを使うと、こんな色合いになりますが

yukiguni-2.jpg

オリジナル・レシピに基づいて作ると、緑色に着色されているため、こんな感じになります。

yukiguni-1.jpg

また味の方も、「コーディアル・ライム」は加糖されているので、甘めになります。


まあ、カクテルのレシピも時代とともに変遷していくものもあるので、どちらがお好みかは人によって異なりますが。。。

カクテルのエピソードに想いを巡らせながら味わうのも、カクテルの楽しみ方のひとつですね! 

【雪国】
ウォッカ・・・・・・・・・40ml
ホワイト・キュラソー・・・10ml
ライム・ジュース・・・・・10ml
ミント・チェリー・・・・・1個
グラニュー糖 - 少々(グラスをスノースタイルにするため)

シェイカーに2.ウォッカ、ホワイト・キュラソー、ライム・ジュースを入れてシェイクする。
グラニュー糖でスノースタイルにしたカクテルグラスに注いだ後、ミント・チェリーを沈める。


このカクテルに合う曲は・・・
David Foster で「Flight Of The Snowbirds」

【youtubeへのリンクです】
http://www.youtube.com/watch?v=hiwcM6mPaG4


nice!(66)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一杯 カフェ・ド・トーキョー [カクテル]

今日は、カクテル「カフェ・ド・トーキョー」について書きたいと思います。
私がお邪魔する DEBDYLANさんのブログで以前紹介されていたものですが、私も未体験のカクテルだったので、ずっと気になっていました。
今般、高知の BAR でオーダーして、やっと味わうことが出来ましたので、ご紹介したいと思います。

このカクテルは、1973年の国際カクテル・コンペティションでロングの部門3位に入賞した由緒あるカクテルです。
ベースとなるジンの風味に、ほろ苦いカンパリが絡み、後味のさっぱりとした爽やかなカクテルです。
いつ飲んでも合うカクテルですが、特に夏や昼間に飲んでもぴったりですね。
そして何といっても、この色がいいですね!
ただ、香り付けのガリアーノを常備していないお店もありますので、確認が必要です。

cafe de tokyo.jpg

 


【カフェ・ド・トーキョー】
ドライジン・・・・・・30ml
カンパリ・・・・・・・15ml
ガリアーノ・・・・・・1tsp
レモンジュース・・・・15ml
ジンジャーエール・・・適量
カットオレンジ・・・・1個

シェイカーにジンジャーエール以外の材料を氷とともに入れてシェイク。
グラスに注いだ後、ジンジャーエールで満たしてカット・オレンジをグラスの縁に飾る。


このカクテルに合う曲は・・・
Sergio Mendes で「Take This Love」

【youtubeへのリンクです】
http://www.youtube.com/watch?v=_oPFNXKGQtI&noredirect=1


nice!(65)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一杯 サラトガ・クーラー [カクテル]

今日は、カクテル「サラトガ・クーラー」について書きたいと思います。
このカクテルは、名前に「クーラー」とついていますが、ノンアルコールのカクテルです。

酸味が聴いた、とても爽やかなカクテルなので、夏の昼間に飲むには最適ではないかと思います。
ジンジャー・エールに何を使うかによって味が左右されます。ドライな味がお好みの方は、ウィルキンソンの辛口がお薦めです。

saratogacooler.jpg


【サラトガ・クーラー】
ライム・ジュース・・・・20ml
シュガー・シロップ・・・1tsp
ジンジャー・エール・・・適量
カット・ライム・・・・・1個

クラッシュド・アイスを入れたグラスに、ライム・ジュースとシュガー・シロップを注ぎ、ジンジャー・エールでグラスを満たした後、軽くステアする。
グラスにカット・ライムを飾り、ストローを添える。

このカクテルに合う曲は・・・
Air Supply で「Even The Nights Are Better」

【youtubeへのリンクです】
http://www.youtube.com/watch?v=_1nCTbm30oE


nice!(72)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一杯 アメリカーノ [カクテル]

今日は、カクテル「アメリカーノ」について書きたいと思います。
このカクテルは、「スプモーニ」とともにカンパリを使った代表的なカクテルの1つです。

名前の由来は、イタリアの将校・士官クラブで、若いイタリア兵が作っていたこのカクテルを気に入ったアメリカ人ジャーナリストが、カンパリの「苦味」を意味するフランス語の「アメール」と、アメリカ人を指すイタリア語の「アメリカーノ」を掛けて命名したとか。
イタリアなのに、フランス語と英語を使ったカクテル名というところが不思議な気もしますが・・・・

味の方は、カンパリの爽やかな苦みとスイート・ベルモットの重厚な甘味が相まって、とても飲みやすいです。
パスタや、ピザ、脂っこい料理にも合うような気がします。
一応、食前酒(アペリティフ)とされていますが、いつでも気軽に飲めるカクテルだと思います。

カンパリを使った代表的なカクテルではあるものの、実は正式には、カンパリではなくビター・ベルモットを使うそうです。
ただ、最近では、カンパリを使うレシピが主流ですね。


「ベルモット」とは、白ワインにニガヨモギなどの香草やスパイスを配合して作られるフレーバード・ワインの一種ですが、スイート・ベルモットとビター・ベルモットは、別物です。
ベルモットと言えば、カクテルの王様「マティーニ」に使われるドライ・ベルモットが有名ですね。

cinzano rosso.jpg←こちらは、スイート・ベルモットです。

また、このカクテルは、007(ジェームス・ボンド)のお気に入りとしても知られ、シリーズ第一作の「カジノ・ロワイヤル」を皮切りに何度か登場しています。

Americano.jpg


【アメリカーノ】
カンパリ・・・・・・・30ml
スイートベルモット・・・30ml
炭酸水・・適量

氷を入れたタンブラーまたはオールド・ファッションド・グラスに、カンパリ、スイート・ベルモット、炭酸水の順番に注ぎ、軽くステアする 。
最後に、レモンピールをするか、スライス・レモン(またはスライス・オレンジ)を飾る。


このカクテルに合う曲は・・・
Randy Vanwarmerで「Just When I Needed You Most(邦題:アメリカン・モーニング)」

【youtubeへのリンクです】
http://www.youtube.com/watch?v=Tn_W6p9JL1E


nice!(66)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一杯 ホット・ブランデー・エッグ・ノック [カクテル]

寒い日が続きますね、みなさま、風邪などひかぬように・・・・
先日、このブログで「ホット・バタード・ラム」というホットカクテルを紹介しましたが、その繋がりで、ホットカクテルをもう1つ。

というわけで、今日は、カクテル「ホット・ブランデー・エッグ・ノック」について書きたいと思います。
このカクテルは、その名のとおり、ブランデーに卵を入れたホットカクテルです。
本来は、アメリカ合衆国南部でクリスマスパーティの際に飲まれていた、クリスマス・カクテルでした。
また、ホット・バタード・ラムに並ぶ風邪の際に飲む薬用酒としても、欧米で古くから飲まれていました。(まさに「卵酒」ですね!)

また、このカクテルはアイスでも飲めます。
したがってオーダーの時に「ブランデー・エッグ・ノック」と言うとアイスが出てきたり、「エッグ・ノック」だけだとお酒が入っていなかったりするので、初めてのお店では、正式に「ホット・ブランデー・エッグ・ノック」と言った方が無難かも知れません。

お味の方は、この材料からもお判りのとおり、「ブランデーのミルクセーキ割り」という表現がぴったりの味です。
寒い日には体の芯から温まるカクテルですね!

brandy egg nogg.jpg


【ホット・ブランデー・エッグ・ノック】
ブランデー・・・・・・・・・30ml
ダークラム・・・・・・・・・15ml
シュガーシロップ・・・・・・2tsp
卵・・・・・・・・・・・・・1個
牛乳・・・・・・・・・・・・60ml
ナツメグ・・・・・・・・・・少々


卵を割って泡立て、小さなボールに入れておきます。 この時、卵黄と卵白に分けて別々に泡立てると良く混ざり、まろやかになります。(並行して牛乳を温めておきます。)
次にブランデー、ダークラム、シュガーシロップ、卵(卵黄+卵白)をシェーカーに入れ、強く長めにシェークします。
ホット・グラスにシェークした材料を注ぎ、その上に温めた牛乳を注ぎ、軽くステアし、ナツメグをかけます。


このカクテルに合う曲は・・・
Bill Cantos で「I'll See You Tonight」

【youtubeへのリンクです】
http://www.youtube.com/watch?v=YU_4J2AI3Ag


nice!(54)  コメント(39)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一杯 ハーバード・クーラー [カクテル]

今日は、カクテル「ハーバード・クーラー」について書きたいと思います。
このカクテルは、すっきりと爽やかなロングカクテルを飲みたい時に良く頼むカクテルの一つです。

先日、CADIZ BARで「ホット・バタード・ラム」を飲んだ後に、このカクテルをオーダーしました。
カルヴァドス(アップルブランデー)をベースにした、アップルとレモンの酸味が爽やかなカクテルです。
アルコール度数もそんなには高くないので、ごくごくと飲めちゃいます。女性やお酒の弱い方でも、楽しめるカクテルだと思います。


【浜松町のオーセンティックバー「CADIZ BAR」へのリンクです】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2011-10-17

harvardcooler.jpg

【ハーバード・クーラー】
カルヴァドス・・・・・・・45ml
レモン・ジュース・・・・・20ml
シュガーシロップ・・・・・1tsp
ソーダ・・・・・・・・・・適量

ソーダ以外の材料を氷とともにシェーカーに入れてシェークし、グラスに注ぐ。
その後、氷を入れてソーダを注ぎ軽くステアする。

このカクテルに合う曲は・・・
10cc で「I'm Not In Love」

【youtubeへのリンクです】
http://www.youtube.com/watch?v=a1KUWMPVwAg


nice!(51)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一杯 ホット・バタード・ラム [カクテル]

先日、2013年になって初めて CADIZ BAR に伺いました。
その日は寒い日だったので、最初の一杯は、マスターにホットカクテルの定番、「ホット・バタード・ラム」を作ってもらいました。

というわけで、今日は、カクテル「ホット・バタード・ラム」について書きたいと思います。
このカクテルは、欧米ではポピュラーなカクテルで、「風邪をひいた時の薬代わり」(日本で言うところの「卵酒」ですね。)や「クリスマス・ドリンク」としても、良く飲まれているものだそうです。
実際にオーダーして飲んでいたら、先にカウンターに座っていた老紳士が「風邪でも引いたの?」と訊いて来ました。。。(^_^;)

CADIZ BAR では、シナモンスティックが添えられ、自分の好みに香り付けが出来ます。
湯気とともに立ち上る、ラムとバターとシナモンの香りが何ともいえず、心がホッとします。(*^_^*)

作り方もシンプルなので、自宅でも楽しめそうですね。


【浜松町のオーセンティックバー「CADIZ BAR」へのリンクです】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2011-10-17

hot-b-ram.jpg

【ホット・バタード・ラム】
ダーク・ラム・・・・・45ml
無塩バター・・・・・・10g
角砂糖・・・・・・・・1個
熱湯・・・・・・・・・適量

①あらかじめ温めておいたホットグラスに角砂糖を入れ、少量の湯で溶かす。
②ラム、熱湯を注ぎ、軽くステアする。
③バターを浮かべる。

このカクテルに合う曲は・・・
Michael W. Smith で「Above All」。心暖まるバラードです。

【youtubeへのリンクです】
http://www.youtube.com/watch?v=AjYiEyu8Si8


nice!(46)  コメント(39)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一杯 クリスタル・コーラル [カクテル]

既に去年の話になりますが、忘年会の合間を縫って単身 CADIZ BAR に突撃しました。(笑)
最初の一杯は、マスターの師匠である上田和男氏のオリジナル「コーラル・シリーズ四季4部作」冬バージョン「クリスタル・コーラル」をオーダーしました。
以前、このブログでは、夏バージョンの「シティ・コーラル」をご紹介しましたね。

【「今日の一杯 シティ・コーラル」へのリンクです】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2011-11-28

・・・というわけで、今日は、カクテル「リスタル・コーラル」について書きたいと思います。
このカクテルは、北国の冬空を表現しているといわれている微妙な青色が特徴で、微妙な青味を出すのが難しいようで、マスターも「今日は綺麗に出来た!」と言っておりました。(^^♪

レシピは、テキーラベースのカクテル「アイス・ブレイカ―」に、色付けのブルーキュラソーを少し足して、トニックウォーターを加えたものですが、さっぱりしてとても飲みやすいです。
味もさることながら、微妙な青色といい、コーラルスタイルの美しさといい、「眼で味わえる」カクテルです。
「シティ・コーラル」の記事で、コーラルスタイルについて紹介していますが、どこのBARでも出来るものではないので、皆さんも機会があればお試しください。
上田氏のBAR「テンダー」か、お弟子さんのBARでは、味わえると思います。

【浜松町のオーセンティックバー「CADIZ BAR」へのリンクです】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2011-10-17

Crystal_Coral.jpg


【クリスタル・コーラル】
テキーラ・・・・・・・・・・・20ml
グレープフルーツジュース・・・20ml
コアントロー・・・・・・・・・20ml
ブルーキュラソー・・・・・・・適量
トニックウォーター・・・・・・適量

トニックウォーター以外の材料をシェイクし、コーラルスタイルにしたグラスに注ぐ。
シェイカーの中の氷をグラスに適量入れ、トニックウォーターで満たす。

このカクテルに合う曲は・・・
Styx で「Crystal Ball」。美しい曲ですね。

【youtubeへのリンクです】
http://www.youtube.com/watch?v=9b-i0XknSnM


nice!(55)  コメント(50)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - カクテル ブログトップ

images01.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。