So-net無料ブログ作成
ギター ブログトップ

My Guitars 4 / CoolZ Telecaster Customed by Shimamura [ギター]

今日は、私が持っているギターで、2010年に購入した CoolZ Telecaster (Customed by Shimamura) を紹介します。
自分のギターの中で足りないもの・・・何故か、無性に Telecaster が欲しくなってしまいました。
しかも自分だけの仕様にカスタマイズして・・・・元Poison、元Mr.Bigの Richie Kotzen の Telecaster を参考にしながら構想を練りました。

RIMG0842.JPG

先ず、ベースとなるモデル選びです。22フレットで、ストラトのようにコンターカットをしてあるモデル・・・とネットを探しまわった結果、ありました!
島村楽器のオリジナル・ブランド「CoolZ」のZTL-2Rです。このギターは、実はあの「フジゲン」が製作しています。ネットでユーザーの方の評判を見ても、とてもコスト・パフォーマンスが高く、作りがしっかりしている、とのことでした。
仕様は22フレット、コンターカットにネックジョイント部のヒールカット。いうことはありません!因みに「サークル・フレッティング・システム」までもが・・・

あとは、島村楽器に出かけて、購入と同時の改造の相談です。ブリッジをブラス製の6サドルに換装して、ピックアップ・セレクターも4点式のものに換装し、通常のセッティングの他にフロントとリアを直列につなぎ“ハムバッカー”に出来るようにしました。
改造費込みで、10万円でお釣りがくるレベルまで交渉しました。
結果は、大満足です!! 特に音のバリエーションが拡がり、フュージョン系にもぴったりのサウンドになりました。

★ブリッジはこうなっています。4点式ピックアップ・セレクターは、写真ではわかりませんね(笑)
 また、コンターカット(肘部分)は、この写真では分かりにくいですね・・・・

RIMG0839.JPG

★裏面の写真では、大胆なボディ・カットと、ネックジョイント部のヒールカットがよくわかりますね。

RIMG0841.JPG

それでは、Telecaster が似合うアーティストの動画を・・・

【youtubeへのリンクです】
■先ずは、“The Boss”こと Bruce Springsteen 「Born To Run」 
http://www.youtube.com/watch?v=thh8torezoE

■続いて、Keith Richards(Rolling Stones) 「Honky Tonk Woman」
http://www.youtube.com/watch?v=3-hMQWqVVzw

■最後に、Richie Kotzen(Poison) 「Body Talk」
http://www.youtube.com/watch?v=MtXy2Pme4-4&feature=BF&list=PL6BDE7F14AC6DBDE1&index=6


nice!(10)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

My Guitars 3 / Schecter AD-DM-FR Satin Black [ギター]

今日は、私が持っているギターで、2009年に購入した Schecter AD-DM-FR Satin Black を紹介します。
前回紹介しました Fernandes Brad Gillis Model Stratocaster の後継として、ストラトタイプのフロイド・ローズ搭載モデルを探していたところ、お手軽な価格&性能で決めました。 
EMGのPUを搭載するものの、パッシブタイプだったのも、私にとってはポイントが高かったです。

【Fernandes Brad Gillis Model Stratocaster の記事へのリンクです】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2010-12-05-5

ただ、ポジション・マークが「こうもり」を模したデザインで、ノーマルなマークに慣れた私にはわかりにくく(こうもりさんが、フレットを跨っていたりするんです)、24フレットモデルのため、良くポジションを間違えました。
何せ、22フレット&21フレットのギターが当たり前世代ですから・・・・(^_^;)
慣れれば、さすが Schecter さん、普及版といえども良く出来た弾きやすいギターです。

RIMG0837.JPG

私が、Schecter というギターブランドを知ったのは、丁度3rdアルバム「Turn Back」を出したTOTO の Steve Lukather が使用しているのを見てでした。
ビデオに写っているルカサーのストラトは、Schecter 製かどうかは、良く分かりませんが・・・ルカサーが、Schecter を使用していた(と思われる?)時期のTOTOの動画をどうぞ。

【youtubeへのリンクです】
■有名なGoodbye Elenore の Studio live
http://www.youtube.com/watch?v=J6-2jpl0qZs

同時期、1982年の来日 Live 映像ですが、もの凄いテンションです。「Goodbye Elenore」は、更にテンポ・アップしています。

■Goodbye Elenore Live Tokyo 1982 ※途中からまともな動画になりますので、冒頭は我慢ガマン。
http://www.youtube.com/watch?v=-LcrA4xHiq0&feature=related

■Lovers in the Night - Live 1982
http://www.youtube.com/watch?v=UFOo5U-mn3w&feature=related

おお、ルカサーが「フライングV」を使っている!(爆)
でも、彼には似合わないかも。この頃少し太っていたし・・・m(_)m
■English Eyes - Live 1982
http://www.youtube.com/watch?v=IEr9XsvQJFI&feature=related
 


nice!(9)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

My Guitars 2 / Fernandes Brad Gillis Model Stratocaster [ギター]

今日は、私が持っているギターの中でも、学生時代において、スタジオやLiveで一番良く使ったギターを紹介します。確か'84年頃の購入だったと・・・・
「Ibanez AR305AV」の記事でも触れているように、「箱入り娘」のAR305とは対照的に酷使され、結構ボロボロになってしまいました・・・(^^;

RIMG0835.JPG

【Ibanez AR305AVの記事へのリンクです】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2010-12-04-1

当時、TokaiのStratocasterモデルも持っていたのですが、シングルPUのため、あまり使っていませんでした。
そんな時に、Night Ranger がブレイクして、Brad Gillis が使っていた、S=S=HのPUレイアウトにロック式のアームのストラトを見て「あれいいな・・・」と思っていたところ、楽器店に並んでいるコピーモデルを発見、購入とあいなりました。
リアのハムバッカーとフロントのシングルを1台で使い分けることが出来たので、重宝しました。

今は、第一線を退き、ダウン・チューニング(オール♭)専用のセッティングをしています。

しかし、Night Ranger は、衝撃的でしたね。Brad Gillis のアーミングとJeff Watson の「8フィンガー奏法」、2人のギターヒーローが同じバンドにいるのも斬新でした。

【youtubeへのリンクです】このクリップでは、珍しくメインの赤ではなく、黒のストラトを弾いています。
http://www.youtube.com/watch?v=nB3kQZJ2aLw

ついでに、デビューアルバムから・・・・
http://www.youtube.com/watch?v=6iURWJEmeBI


 


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

My Guitars 1 / Ibanez AR305AV [ギター]

今日は、まだ作成しておきながら記事を書いていない「ギター」のカテゴリーの記事第1号を書きます。
このカテゴリでは、ギターや自分のお気に入りのギタリストの事などを書いていきたいと思います。

学生時代はバンドをやっておりましたが、社会人になってからは一旦遠のき(もっぱら聴く方専門!)数年前からリハビリを兼ねて弾き始めました。
ただ、週末に少し弾く程度なので、はっきり言って"ヘタクソ"です。(^^;

今日は、私が持っているギターの中でも、メインで最も古いギター「Ibanez AR305AV」を紹介します。

RIMG0833.JPG 

確か'83年に購入して、それからずっと使っているのですが、「箱入り娘」で大切にされ、大きなステージ等、ここ一番の舞台に温存されていたために、傷等も殆どなく、コンディションは良好です。
まあ、結構重いのも「お留守番」が多かった理由でしょうね。いずれにしても「美味しいとこどり」の恵まれたギターです。

普段のスタジオ練習時やLiveでは、ストラト系が活躍していました。軽く、弾きやすく、アームも付いているし・・・・その代わり、結構傷だらけですね(後日紹介)。

音は、自分の持っているギターの中で一番好きな音です。改造は特にしていなく、ストラップピンをロック式のものに変えたくらいです。

フロント/リアのハムバッキング・ピックアップ各々に対し、パラレル/シングル/ハムバッカーと3通りのバリエーションを選択可能なTri-Sound Switchがついています。

RIMG0831.JPG


ギター ブログトップ

images01.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。