So-net無料ブログ作成
検索選択

大門のクラフトビア&イタリアンのお店「バルケッタ」 [Bar]

浜松町&大門界隈には、クラフトビールのお店が増えました。
ビール好きの私にとっては喜ばしいことです♪

今日は、大門のクラフトビア&イタリアンのお店「バルケッタ」を紹介します。
先日、職場の同僚たちと楽しんできました。

写真を撮り忘れたのですが、イタリアンの美味しいお店で、なかでも釜焼きのピザは絶品です。


①月面画報(ヤッホーブルーイング)
 
01-getsumengaho.JPG 
 

先ずは、「よなよなエール」でお馴染のヤッホーブルーイングの「月面画報」です。
しかし、ヤッホーさんのネーミングのセンス、洒落ていますね。

2015アジアビアカップ銀賞受賞の、ベルジャンペールエールスタイルの逸品です。
とにかく柑橘系を思わせる、優しくフルーティな味わいが素敵です。


②デビルズラガー(日本海倶楽部)
 
02-devil's_lager.JPG 
 
※ピンボケでスミマセン・・・・(-_-;)
 
これは、インパクト大です。
なんと唐辛子入り、かつて中南米にこのようなビールを見た記憶が・・・・
みんなで「どーする?」「リスキーだよな・・・」と話していると、全員にお試しサイズで提供可能とのこと。
恐いもの見たさで全員がオーダー。

イメージ通り、ヒリヒリと辛いビールでした。(・_・;)



③はなきんるーじゅ(伊勢角屋麦酒)
 
03-hanakin_ruju.JPG 
 

続いて伊勢角屋麦酒の「はなきんるーじゅ」。
日本酒蔵元らがつくる「花酵母研究会」で日本酒などに使われてきた「農大花酵母」を使用したレアな逸品です。
隠し味には、赤ぶどう「コンコード種」の果汁とローズヒップとハイビスカスを使っています。 

女性向けなんでしょうね、とても繊細で優しいアロマの風味が口の中いっぱいに拡がりました。


④フレッシュカスケードセッション(常陸野ネスト)
 
04-Fresh_Cascade_Session.JPG 
 

締めは、常陸野ネストの「フレッシュカスケードセッション」です。
今年獲れたての、京都・与謝野産と茨城産の2種類のカスケードホップを贅沢に使ったセッションエール。

グレープフルーツを思わせるフレッシュな柑橘系フレバーがとても華やかなビールでした。


【お店の情報サイト】
 
 



今日の1曲は、Gabriela Anders で「Wanting」
 


nice!(53)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

デビルクラフト 浜松町店 [Bar]

浜松町界隈には、意外とクラフトビールの専門店があります。
その中で唯一、行こうとする度に満席でずっと入れずにいた「デビルクラフト」。
休日出社の後、同僚と突撃をかけました。
席を予約しようとすると既に満席。予約なしで座れるカウンター席なら空いているとのことで、午後4時からビールです♪
 
DevilCraft 01.JPG 
 

先ず、最初の一杯は「インフィニット・ウィット」(ネブラスカ)です。
ライトボディーのベルジャンスタイルの白ビールで、とても爽やかでした。
 
DevilCraft 02.JPG 
 

おつまみも、とてもイケます。

野菜スティック(寝ている野菜スティックは、初めてです。)
 
DevilCraft 03.JPG 
 


シカゴピザ「デビル・ワークス」

タルトの様な生地にたっぷりの具。これはお初でしたが、とても美味しかったです。
別名はディープディッシュピザとも言うそうです。
 
DevilCraft 04.JPG 

 
 
バッファローチキンウィング

ソースは、「スパイシー」と「マイルド(BBQ)」を分けてもらいました。
 
DevilCraft 06.JPG 
 

2杯目は、「インドの青鬼」(ヤッホー)です。
これを生で飲めるのは最高ですね!
 
DevilCraft 05.JPG 
 
 

3杯目は、「ローザ・ハイビスカス・エール」(レヴォリューション)です。
 これは、とても良い香りでした。
 
DevilCraft 08.JPG 
 
 
 
 
そしてラストは、「一期一会」(京都ブルーイング)です。
これまた爽やかな口当たりでした。
 
DevilCraft 07.JPG 
 
 
  
 


【公式サイトへのリンクです。】

nice!(62)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「Watering Hole(ウォータリング・ホール)」再び [Bar]

皆さま、大変ご無沙汰しおります・・・・

お盆休みだ何だで、すっかりとブログ更新をさぼっておりました。

休みの間は、スマホの買い替えやら、光回線の引き直しやら、色々とありました。

 さて、今年も人間ドックの後に、約1年ぶりで夫婦で新宿にあるクラフトビールの専門店「Watering Hole(ウォータリング・ホール)」に行ってまいりました。

以前もこのブログでもご紹介しましたね。

 【新宿にあるクラフトビールの聖地「Watering Hole(ウォータリング・ホール)」へのリンクです】 
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2013-08-18

マスコットキャラのフラミンゴが出迎えてくれます。

WateringHole-1.JPG

店内も相変わらずです。

WateringHole-9.JPG

WateringHole-10.JPG

先ずは、タイムサービスのお試しセット「ビア・フライト」です。(^^♪

WateringHole-5.JPG

左から以下のとおりです。 

①「ウォーターメロン・ウィート」(ロスト・コースト:カリフォルニア) すいか果汁と小麦の香りが繊細でかつフレッシュでした。

②「レモングラス・ホッパー」(湘南ビール:神奈川)  爽やかなハーブテイストで、とても飲みやすかったです。

③「IPAソラチエース」(湘南ビール:神奈川)  シャープな味わいが何杯でもいけそうでした。

④「チョコレート・ポーター」(湘南ビール:神奈川) 高級チョコレートを思わせる上品なビールでした。

うちの奥さんは、「サマーオレンジ・エール」(湘南ビール:神奈川)をオーダー。ゴールデン・エールに静岡産甘夏の皮を漬けこんだもので、とてもジューシーでごくごく飲めそうでした。

WateringHole-6.JPG

そして、「ペール・エール(リアル・エール)」(箕面ビール:大阪)です。本当に香りが豊かな美味しいエールでした。

WateringHole-11.JPG

そして「IPAカスケード」(湘南ビール:神奈川) シトラスの香りが印象に残るこれまた美味しいビールでした。 

WateringHole-13.JPG

おつまみの方も・・・・

アボカドとタコのサラダ

WateringHole-8.JPG

ソーセージ3種盛り合わせ

WateringHole-12.JPG

生サラミ

WateringHole-14.JPG

ほろ酔い気分で帰宅しました。。。。(*^^)v

15:00開店なのですが、まだ明るいうちから大勢のお客さんが入ってきました。

皆さん、お好きですねぇ・・・・・(^_^;)


nice!(64)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

最高のビールが味わえるお店 キールズ・バーハウス 青葉台 [Bar]

前から気になっていた、横浜は青葉台の「キールズ・バーハウス 青葉台」。
休日出社の後のご褒美として、“寄り道”をしてみました。

青葉台という洒落たイメージの街にぴったりの、お洒落な外観&内装です。
このお店の店内の様子は、オフィシャル・サイトで詳しく紹介されていますので、このお店の歴史と合わせて興味深く読むことが出来ます。
【キールズ・バーハウス 青葉台 公式サイト】
http://keels-bar-house.com/index.html

さて私は、16時30分頃という比較的早い時間にお邪魔したのですが、店内には既に何組かのお客様がスマートに飲んでいます。
人気店なのでカウンター席を予約してから行きました。

keels-bar-2.jpg

先ずは、このお店の一番の拘り「アサヒ・スーパードライ」です。
「えっ?」と思われる方も多いと思いますが、独自設計の設備、メンテナンス、品質・温度管理、注ぎ方で、「これがあのスーパードライ?」と思わず驚いてしまうほど、味が違うんです。
みなさんのコメントを読んで半信半疑だった私も、実際に味わってみて納得です。本当に香りからして違います。
そして泡が驚くほどクリーミィなんです。喉にスルッと入っていく感じが堪りません。
グラスは独自のものを使用して、氷水で冷やしており、注ぐ直前にもう一度洗浄しているようです。注いだ後の仕上げとして、一瞬また氷水に浸けてからお客さんに出します。

keels-bar-1.jpg

この他に、レギュラーの樽詰ビールは、「ベルビュー・クリーク」「ヒューガルデン・ホワイト」「バス・ペールエール」がラインナップしており、その他に「本日のクラフトビール」として3本が加わります。
瓶詰ビールも充実しており、「デュベル」「オルヴァル」など多彩に取り揃えられています。

keels-bar-6.jpg


最初のおつまみは、有名な「ポテトサラダ」。ビールによく合うようにチューニングされているとか。
マヨネーズが控え目で、刻まれたハムが存在感大です。
ごめんなさい、ここから先のおつまみは、写真を撮り忘れてしまいました。「本日の焼きソーセージ」と「チキンバスケット」でした。。。

keels-bar-3.jpg


次のビールは、「本日のクラフトビール」から「グレープフルーツエール」(ブルワリー名:ハーヴェスト・ムーン(舞浜))です。
エールビールにグレープフルーツ果汁を加えて発酵させたという、その味はとても爽やかでジューシーです。

keels-bar-4.jpg


次も「本日のクラフトビール」から「Y・M・B・P」(ブルワリー名:ワイマーケット(愛知))です。
名前は「ワイマーケット・ブルーイング・ペールエール」の略だそうです。
飲んでみると、きりっとしまった飲みやすいペールエールです。これは結構斬新でしたね。

keels-bar-5.jpg


ここまで来ると「本日のクラフトビール」を完全制覇をしなければ。。。というわけで「東京ブラック」(ブルワリー名:ヤッホーブルーイング(長野))です。
名作「よなよなエール」を世に送り出したブルワリーだけあって、このポーターは本当に美味しいです。
ロースト麦芽の香りと繊細な甘みにフルーティーな香がとてもバランス良く、決して重すぎずに絶妙な仕上がりです。
締めのビールとしては、ぴったりでした。

keels-bar-7.jpg

このお店は、「店舗」「ビール」「料理」「接客」の全てが最上級ですね。
ハマってしまいそうで怖い・・・・(^_^;)


nice!(64)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

高知の ダイニングバー 「Little Powers」 [Bar]

高知は、酒飲みとグルメには最高の街です。

本日は、私がランチとバータイムの両方にお邪魔するお店で、社宅から徒歩10分程の高知市南万々(「みなみまま」と読みます)にあるダイニングバー 「Little Powers」を紹介します。
高知駅から2駅目のJR円行寺口駅のすぐそばでもあります。

little powers 2.jpg 

 

このお店は、神奈川県の新丸子と元住吉に2店舗を構えるダイニングバー「Powers」でシェフをやっていたオーナーが、ご出身の高知にUターンをしてオープンしたお店だそうです。
店名からもわかる通り、「多国籍料理」「南国リゾート風の内装」といったお店のコンセプトは継承しているようです。
因みにご本家「Powers」は、ベトナムにも3号店を出しているとか。

little powers 1.jpg

little powers 3.jpg 

 

さて、このお店の「ウリ」は、何と言ってもエスニックでスパイシーな料理の味ですね!
とにかく、あらゆる料理が最高に美味しいです。
ランチのドリンクの選択肢も多く、何とグラスワインや生ビールまであります。私は、残念ながら平日のランチ利用なのでコーヒーですが。。。。('◇')ゞ

ドリンク類も世界各国の瓶ビールを取り揃えているので、とても楽しめます。アメリカのビール「ビッグ・ウェーブ」も、ここで初めて知りました。
オーナー夫妻との会話も楽しく、是非とも多くの方に訪問して頂きたい素敵なお店です。

高知は新鮮な魚介類が多く、これらを活かした和食系のお店が有名ですが、こういったお店もいいですね!


【お店のFacebook】
https://ja-jp.facebook.com/pages/Little-powers/323765160983490


nice!(55)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

高知の BAR 「K's BAR」 [Bar]

高知は、酒飲みには最高の街です。
オーセンティック・バーも何店か、バーボンとカクテルをこよなく愛する会社の仲間と探検をしております。

今日は、その中でも私達の一押しの「K's BAR」をご紹介します。
帯屋町にあり、開店6年を迎える K's BAR は、“時間を忘れてゆっくりと”というコンセプト通りに、落ち着いた店内の雰囲気と、洒落たマスターの会話と、美味いカクテルで、心が癒されるひと時が過ごせます。

K's BAR.jpg 

 

別に舌が肥えている訳でもない私が、あくまでも「自分に合うBAR」を見極める基準をお話しすると、ジンの使い方・こだわりが自分とマッチするかで判断します。
新しいBARに入ると、先ず「ギムレット」を注文します。ジンのチョイスや風味の活かし方、甘さ、ライムの使い方、シェイクの仕方、等が自分の好みに合うかを見ます。
自分で作り方を指定することは殆どありません。あくまでもバーテンダーのセンスにお任せします。
そのうえで、自分なりに判断します。あくまでも「相性の問題」だと思います。

まあ、私の好みは良いとして・・・・・
K's BAR のカクテルは、本当に美味しいです。私が高知に来てから味わったギムレットの中で、こちらでいただくのが一番好きですね。

あと、高知のBARの特徴として、「フルーツ王国」と言われる地産の旬のフルーツを使ったカクテルがよく「期間限定」で出されることです。
これは、なかなか他の土地では味わえないものなので、高知にお越しの際には是非ともトライしてみてください。

 


【お店の公式サイト】
http://k-s-bar.com/


nice!(66)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新宿にあるクラフトビールの聖地「Watering Hole(ウォータリング・ホール)」 [Bar]

暑い日が続きますね。

先日、夫婦で新宿のクラフトビールの専門店「Watering Hole(ウォータリング・ホール)」に行ってきました。
平日の15時前というのに、開店を待つ人が4組ほど。。。。
何といっても、世界中のクラフトビールを樽生で常に20種類以上味わえるという、「天国」です。
場所は、新宿高島屋から明治通りを南に歩いて5分ほどです。

選ぶのに迷ってしまうほどの充実したクラフトビールのラインナップと、美味しくビールに合うおつまみ、そして開放的で洒落た店内と、ビール好きとっては毎日でも通いたくなる素敵なお店でした。
東京に復帰したら、是非とも「ソネブロ白昼麦酒倶楽部」で突撃をかけたいと思います。

W.H._shop1.jpg


<お店の雰囲気>
とても開放的でカフェの様な店内です。

W.H._shop2.jpg W.H._shop3.jpg

W.H._shop4.jpg

<ビール>
①「ビアフライト」
先ずは、平日の15:00~18:00限定の「ビアフライト」。
これは、全種類のビールの中から好みの銘柄を4種類選んで、100mlずつ味わえます。お代は何と1000円!
私が選んだ銘柄は。。。。(左から順番に)

W.H._beer1.jpg

「湘南ゴールド」(神奈川・サンクトガーレン)
神奈川県産の「湘南ゴールド」の果汁と皮を使用している、夏にぴったりのビールです。

「ヴァイス」(神奈川・湘南ビール)
小麦のビールですね。独特のきめ細かくフルーティな香りが最高です。

「#1000 インペリアルIPA」(新潟・スワンレイク)
スワンレイクビールの16周年記念ビールだそうです。アルコール度10%の濃厚で成熟した味わいが口に拡がる、贅沢なビールでした。

「トータリティ インペリアルスタウト」(カルフォルニア・フィフティフィフティ)
ダークエールの銘柄です。高級チョコレートやエスプレッソ・コーヒーのような、上品な甘さが口の中に拡がります。こちらもアルコール度9.5%の飲みごたえのあるビールでした。

②「ペールエール(リアルエール)」(長野・木曽路ビール)
アロマホップの香りが上品な、とても飲みやすいエールビールでした。

W.H._beer2.jpg

③「グリゼットブロンシュ」(ベルギー・サンフーヤン)
ベルジャンスタイル(主にベルギーで醸造されるスタイルで、大麦の麦芽と麦芽化していない小麦を原料とする上面発酵のエール)のビールで、スパイスが効いていて爽やかな飲み口でした。

W.H._beer3.jpg

<おつまみ>
ビールだけではなく、おつまみもなかなか美味です。

①ぴゅあポークのソーセージ3種盛り
(写真を撮り忘れました・・・)

②ノルウェイサーモンのフィッシュ&チップス
これは、とても美味しかったです。カリカリの衣と、手作り感満載のフライドポテトが最高でした。

W.H._food2.jpg

③新玉ねぎのオニオンリング
とても甘く、サクサクの衣とのコントラストがいいですね。

W.H._food3.jpg

④埼玉・坂戸、セラーノ工房のサラミ2種盛り
本当に美味しいサラミでした。

W.H._food1.jpg


【お店のサイトはこちら】
http://wateringhole.jp/


nice!(73)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

浜松町の新しい誘惑 英国風パブ「GANG」 [Bar]

浜松町のパブといえば、私のお気に入りは「82エールハウス」ですね。(^^♪

【浜松町/大門のBar「82 Ale House」へのリンクです】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2011-02-06-4


ところが、私が通っている CADIZ BAR の正面(浜松町駅北口文化放送の裏手になります)に、新しく英国風パブがオープンしました!\(~o~)/
その名も「GANG」(ギャング)!\(◎o◎)/!

gang.jpg

何でも“ちょいワル”のイメージで名付けたとか。
内装・外装ともに赤でイメージを統一し、インテリアは黒がベースになっています。

オーナーは、「ザ・プリンス パークタワー東京」のジャズバーなどで20年以上バーテンダーとしてキャリアを積んだ方で、カクテル・コンクールでも受賞歴があるほどの凄腕の方です。

早速、突撃して参りました。

樽生ビールは、以下の3種類。「82エールハウス」と被らないのが良いですね!(ギネスは当然被っていますが・・・)

①「よなよなリアルエール」
あの「よなよなエール」の樽生版のようです。
ビアサーバーが変わっていて、炭酸ガスを利用する通常のものではなく、「ハンドポンプ」でビールを引き上げるクラシカルなサーバーなので、味わいが炭酸、炭酸していなく、リアルエールにぴったりのマイルドなものになります。
当然、芳醇な香りで「エールビールど真ん中」の味でした!
ただ、缶ビールでの「よなよなエール」とは少し異なる印象でした。具体的には、缶ビールの方が「柑橘系の香り」が強かったように思えます。

【今日のビール「よなよなエール」へのリンク】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2011-01-30-3

②「樽詰ギネス」
こちらは、もう解説不要ですね!

③「ハートランドビール」
瓶ではたまに見ますが、樽生ではあまり飲めるお店が多くない、キリンが限定醸造している珍しい銘柄です。
すっきりとした優しい飲み口のプレミアムビールです。

料理の方も、きちんとシェフがいて、衣にギネスを入れるのがポイントの「フィッシュ&チップス」、「地鶏レバーペースト・バケット添え」など、自家製の美味しい料理が楽しめます。
ここはしっかりと料理も楽しめるBARですね。
当然、オーナーを始めスタッフの方もフレンドリーで接客も良く、一人でもグループでも楽しめる雰囲気のBARです。

また1つ、会社帰りの誘惑が増えてしまいました。。。。。(^_^;)

今日の1曲は・・・Queen で「Too Much Love Will Kill You」
http://www.youtube.com/watch?v=fKFEjZ98Q4s
Queen Ver.と Brian's Ver.のミックスです。


nice!(60)  コメント(44)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東京駅のオアシス 「YEBISU BAR 黒塀横丁店」 [Bar]

先日、休日のイベント終了後、まだ時間が早かったので、東京駅で会社の同期と軽くビールを飲むことにしました。

本能で探すと。。。ありました!
八重洲北口に近い、「黒塀横丁」の一番奥に。何ともわかりやすいネーミング。その名もズバリ「YEBISU BAR」!
早速突撃です。

円形の格好良いカウンターと、林立するビアサーバーが気分を盛り上げます!

yebisu bar-1.jpg


メニューは、以下のエビスファミリーがラインナップしています。
 ①エビスビール
 ②エビス「ザ・ブラック」
 ③エビス&エビス(①と②のハーフ&ハーフです。)
 ④琥珀エビス
 ⑤エビス・スタウト・クリーミートップ

更にエビスビールを使ったカクテルもあるんですよ。
 ↓
http://r.gnavi.co.jp/g029006/menu1.html


私は、
 ①琥珀エビス 
 ②ビアカクテル(クリーミーカプチーノ)
 ③エビス&エビス
を美味しくいただきました。

「クリーミーカプチーノ」は、エビス・スタウト・クリーミートップにエスプレッソ・コーヒーとメイプルシロップを入れたものです。
まあ、コーヒーゼリーの様なお味でした。。。(^_^;)

おつまみもなかなか美味しかったのですが、欲を言えば「枝豆」「トルティアチップス」の様な、本当に少しのつまみで良い時に頼むメニューがない、というところは改善して欲しいと思います。
あと、エビスシリーズも、もう1品(例えば、「シルキーエビス」や「エビス・ザ・ホップ」など)くらい、あると更に嬉しいですね!

まあ、東京駅を通勤に利用されている方には、「大きな誘惑」が誕生しましたね。


【HPへのリンクです】
http://r.gnavi.co.jp/g029006/

【今日の1曲】Sade で「Paradise」
http://www.youtube.com/watch?v=-KuKmjikoQc


nice!(57)  コメント(44)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

小田原城の夜桜とBar「イグレック(igrek)」 [Bar]

先週末は、「夜桜でも見に行くか!」ということで、My Wife と息子とで小田急のロマンスカーに乗って小田原まで遠征してきました。

小田原城址公園で夜桜を楽しんだのですが、少し園内は暗かったです・・・・(^_^;)
もう少しライトアップなどをすれば、もっと人が来るのに、と思ったのは私だけでしょうか。

それに当日は、「小田原おでんサミット」なるものが開催されていたのですが、17:00で閉幕。
「おいおい、おでんを愉しむのはこの時間からだろう!」と思わず突っ込みたくなる私でした・・・・(・_・;)

yozakura-3.jpg

まあ、とにかく夜桜を楽しんだ後は、隠れ家的な中華料理店「虎雲小夜城」で夕食です。
お目当ては、「海鮮おこげ」「えび春巻き」「杏仁豆腐」など・・・・
お手軽な値段で美味しくいただきました。

fyunsayojyo kaisenokoge.jpg

その後は、お約束!やはり小田原に来たら、Bar「イグレック(igrek)」です。
丁度通り道なので、小田原城址公園に行く途中で、席のリザーブをお願いしておきました。
何しろ3名なので、Barに行ける人数の上限ですから。

相も変わらず、美味しいお酒とおつまみを家族で堪能しました。(高校生の娘が来ていたら、ここには入れなかったなぁ)
まあ、おつまみといっても「カリカリパスタ」ですが、マスターの話によると「毎日来る常連さんが飽きないように、塩味のみから“日替わり”でフレバーを変えている」とのことです。(因みに当日は、『スモークチーズ味』でした。)

【私のオーダー】。
 ①マルガリータ (当然、お約束です。)
 ②モスコミュール (結構ドライ目で美味しかったです。)
 ③ギムレット(これも、お約束ですね。)

【My Wife のオーダー】
 ①スプモーニ
 ②オリジナルのホットカクテル
  「ピーチリキュール+レモンジュース+ホット烏龍」
  ※レモンティのようなフレバーで美味しかったです。

【息子(大学生)のオーダー】あと数カ月は未成年!
 ノンアルコールのカクテルを2杯堪能しておりました。(笑)

igrek.jpg


残念ながら私用により来れなかった娘を除いた家族3名でほろ酔い気分で(息子は違いますが・・・(爆))、ロマンスカーに乗って帰りました。


【igrekのHPへのリンクです】
http://www.igrek-y.com/

【【再会】小田原のBar 「イグレック(igrek)」の記事へのリンクです】 
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2011-02-11-2

【小田原のBar 「イグレック(igrek)」の記事へのリンクです】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2010-11-06-1


【今日の1曲】Bill Cantos で「I'll See You Tonight」
http://www.youtube.com/watch?v=katBlgZhfYg


nice!(49)  コメント(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

images01.jpg