So-net無料ブログ作成
検索選択
ニュー・エイジ ブログトップ

今日の一枚 George Winston /「December」 [ニュー・エイジ]

今日は、ニューエイジ・ピアニスト George Winston の1982年の作品「December」を紹介します。彼の音楽は、日本でも「箱根彫刻の森美術館」のBGMに使用されている「Longing/Love(あこがれ/愛)」(アルバム「Autumn」収録)で有名ですね。因みに私が彼を知ったのも、このBGMがきっかけでした。
それから私の生活に、自然と彼のピアノは溶け込んだものとなっていました。独身時代には良く George Winston を聴きながら寝たものでした。また、子供の子守唄も George Winston でした(特に「#2」を聴かせると、良く泣き止みました。)

このアルバムは、いわゆる“四季4部作”の第3弾として「冬(12月)」を表現したものです。季節柄、クリスマス・キャロルからも選曲されています。
私は、彼のアルバムの中で、この作品が一番好きです。

december.jpg

「#1」は、彼のオリジナル・バラッドです。目を閉じると、彼の故郷モンタナの雪景色が浮かんでくるようです。
「#2」は、18世紀後半のキャロルです。この曲を聴くと、本当に心が安らぎます。私の一番好きな曲です。
「#3」は、バッハのコラール作品です。これもいいですね。この「#2」~「#3」の流れは最高です。
「#4」は、彼のオリジナルで、「#5」の前奏小曲です。
「#5」は、19世紀のウクライナの伝承祝歌です。雪が舞うような、ピアノの旋律が印象的です。
「#6」~「#8」は、3部作の構成です。「#6」「#7」は、彼のオリジナルで、「#8」は、ギリシャのトラディショナルナンバーです。
「#9」は、17世紀末に書かれた教会音楽です。
「#10」は、18世紀の英国教会音楽です。
「#11」は、ジャズ・トランペッターの Alfred S. Burt が書いた曲です。
「#12」は、彼のオリジナルです。


【「#1」のyoutubeへのリンクです】
http://www.youtube.com/watch?v=5yEWXHcnXUI

【「#2」のyoutubeへのリンクです】★
http://www.youtube.com/watch?v=K9bCmnWDL0s

【「#5」のyoutubeへのリンクです】★
http://www.youtube.com/watch?v=1JYrOMK1aDA&feature=related

【「#6」~「#8」のyoutubeへのリンクです】
http://www.youtube.com/watch?v=yIsq216rhsY

【「#9」のyoutubeへのリンクです】★
http://www.youtube.com/watch?v=kllZlF6mB2s

【「#12」のyoutubeへのリンクです】★
http://www.youtube.com/watch?v=v6Y1JBddZy8

※個人的に「おすすめ」なナンバーには、★マークをつけていますので、ご参考までに。


【Myspaceへのリンクです】
http://www.myspace.com/georgewinston

【Oficial HPへのリンクです】
http://www.georgewinston.com/us/home

1.Thanksgiving 
2.Jesus, Jesus, Rest Your Head 
3.Joy 
4.Prelude 
5.Carol of the Bells 
6.Night: Part One: Snow 
7.Night: Part Two: Midnight 
8.Night: Part Three: Minstrels 
9.Variations On The Kanon By Pachelbel 
10.The Holly And The Ivy 
11.Some Children See Him 
12.Peace 


nice!(8)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ニュー・エイジ ブログトップ

images01.jpg