So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

全国出張の旅(前編) [雑感]

6月から7月にかけて、断続的に全国に出張に行ってきました。

勿論、仕事はきちんとしましたが、「飲み」もそれなりに。。。。


今回は、その前編です。


(1)札幌


着いたのが遅かったので、札幌駅前の「うおや一丁 札幌駅前店」へ。

チェーン店なのですが、さすが北海道!美味しかったです。


お通し

sapporo_01.JPG


お刺身盛り合わせ

sapporo_02.JPG


sapporo_03.JPG



(2)仙台

「ぼんてん漁港」地元のチェーン店のようですが、新鮮な刺身やイクラが圧巻でした。

何故か、店内のBGMはBeatlesでした。


sendai_01.JPG


これ、「本鮪の神トロ刺し」です。

本鮪のトロ刺しにウニとイクラが乗っています。

sendai_02.JPG


こちらは、海鮮丼です。

sendai_03.JPG


こちらは、鮭のハラス焼きにイクラがかかっています。

sendai_04.JPG



帰りの新幹線待ちの合間に仙台駅「伊達の牛タン」で晩酌セット。

ビールや日本酒から2杯を選んで、このおつまみです。

sendai_05.JPG


sendai_06.JPG



(3)名古屋

やはり「世界の山ちゃん」の手羽先が食べたくなり・・・

nagoya_01.JPG


ビールとの相性は最高でした!

nagoya_02.JPG



翌日のランチは、最近はやりの(?)「あんかけスパ」を。

「スパゲティハウス ヨコイ 錦店」へ

nagoya_03.JPG




nice!(18)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

本郷3丁目のクラフトビアバー「CRAFT WORKS」 [ビール]

梅雨が明け、ビールの美味しい季節になりました。
・・・というわけで、先日、新規開拓した本郷3丁目にあるクラフトビアーバー「CRAFT WORKS」に行ってきました。


Craftworks_01.JPG


「クラフトビールが地下にある」という可愛い看板です。(写真では分かりませんが。。。)



①パンクIPA(BREWDOG/スコットランド)
一杯目は、鉄板の「パンクIPA」です。


Craftworks_02.JPG




②セゾン・ロレイン(Alesong/アメリカ)
「日本初上陸しかも3樽限定」というフレーズに飛びついてしまいました。
スパイシーでありながらアルコール度数の高さを感じさせない飲みやすさがありました。


Craftworks_05.JPG





③NEW ENGI-LAND IPA(志賀高原ビール/長野)
オレンジのような豊潤な香りが特徴でした。


Craftworks_07.JPG





④八郷(大山Gビール/鳥取)
あの山田錦を入れているとか、スワンレイクのビールを思い出しました。(あちらは、コシヒカリですが。。。)


Craftworks_08.JPG





⑤オフ・ザ・リップ(Rip Current/アメリカ)
アメリカンなIPAですね。飲みやすかったですが、他の銘柄と比べると個人的には、もう少しインパクトが欲しいところ。


Craftworks_10.JPG




⑥テイスティー・ジュース(Lervig/ノルウェー)
思ったほど甘くなく、最後に締めるにはピッタリのビールでした。


Craftworks_11.JPG





あと、このお店は、食べ物もなかなかビールに合う逸品を取り揃えております。


Craftworks_03.JPG


Craftworks_04.JPG


Craftworks_06.JPG


Craftworks_09.JPG



今日は、飲み過ぎ食べ過ぎのようで。。。。(;^_^A



nice!(46)  コメント(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一枚 Creye /「Straight To The Top」 [メロハー]

今日は、北欧スウェーデンのメロハーバンド Creye が、2017年に発表したミニアルバム「Straight To The Top」を紹介します。
この作品は、2016年にデジタル配信のみでリリースされたデビュー曲「#2」に、新曲であるタイトル曲(「#1」)、そして映画「ロッキー」でお馴染みの Robert Tepper のヒット曲「#3」を収録しています。
そして、驚くべきことにこの作品は、プロモーション用として枚数限定で無料で配布されていました。


サウンドは、まさに正統派の北欧系メロハーです。
間もなく、デビューアルバムを発表するようですが、今から楽しみです。


04.jpg



【メンバー】
Alexander Strandell(Vocals)
Andreas Gullstrand(Lead Guitar)
Andree Theander(Rhythm Guitar)
Gustaf Orsta(Bass)
Joel Ronning(Keyboards)
Arvid Filipsson-Drums

※デビューアルバムでは、Vo.とRhy.G.が入れ替わっているようです。


【「#2」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=T8OsbBBVRqc
【「#3」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=4_A2-lixe9o


【ミニアルバム全曲のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=Kk_kltgQTKk


1.Straight To The Top
2.Never Too Late
3.No Easy Way Out


【デビューアルバムからの音源です。】
https://www.youtube.com/watch?v=4JBQcomI_Hs


【公式サイトへのリンクです。】
http://www.creyesweden.com/

nice!(39)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

八重洲のスタンディングバー「Gyo-BAR」 [Bar]

前から気になっていた、八重洲の裏路地にひっそりとあるスタンディングバー「Gyo-BAR」に行ってきました。
ハッピーアワーは、ハイボールが190円で飲めるので、大変混んでいます。
ハッピーアワーの終わりを見計らって行きましたが、週末のためか結構混んでました。


gyo_bar_05.JPG



スタンディングなのに、料理もなかなか充実しています。

今回は、軽くひっかけるだけだったので、おつまみはミニマムです。


gyo_bar_03.JPG



①ファルコン (ニュージーランド:パロットドック)
珍しい、NZ産のアメリカンペールエールです。
爽快でトロピカルなフレバーということですが、個人的にはもう少しインパクトが欲しいところ。
但し、暑い時の一杯目にはピッタリです。


gyo_bar_01.JPG





②湘南ゴールド (サンクトガーレン)
神奈川県産の希少価値の高い湘南ゴールドを果汁だけではなく、実や皮まで漬け込んでその香りを封じ込めたフルーツビールです。
果汁感を生かした瑞々しさが特徴です。
個人的には結構すきです。


gyo_bar_02.JPG





③エビスビール
2杯続いて軽めだったので、最後の締めはエビスでした。


gyo_bar_04.JPG




公式サイト
http://www.gyobar.net/



☆彡父の日のプレゼントに息子がくれたウイスキー。


2018 father's day.JPG


「マルス モルテージ 越百 モルトセレクション」
確かにはちみつを思わせる優しいまろやかな香りが口の中一杯に拡がります。
これは、ストレートで楽しみたいですね!感謝!!

nice!(39)  コメント(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

ウォータリングホール(代々木) [ビール]

先日、飲み仲間と代々木にある「ウォータリングホール」まで遠征してきました。


W.H._01.JPG


我々が入った時はまだ席が埋まっていませんでしたが、全ての席に「予約」の表示が。。。
相変わらずの人気ですね。



①カルミネーション オブスキュアッド・バイ・クラウドIPA
先日、新橋ドライドックで飲んですっかりファンになった銘柄があったので、最初の一杯は、こちらをセレクト。


W.H._02.JPG


口の中一杯に拡がるシトラスシャワーに大満足でした。



②NEW 金鬼セッションIPA

こちらもヘイジーなIPAですが、一杯目のオブスキュアッド・バイ・クラウドIPAと比べると、優しいソフトな口当たりです。
名前とのギャップがありますね。(笑)


W.H._04.JPG



③ダンク&ステッキー
本日のIPA3杯目ですが、少しキャラを変えてみました。
こちらは、先の2杯と異なり、きりっとシャープな印象です。
ダブルIPAなので、IPAに更にホップを投入しています。メニューの解説に「・・・松やにを思わせる香り」とありますが、個人的には、松やにを嗅いだことがないので、ピンときませんでした。


W.H._07.JPG




④トゥラミーン
締めには、デザート感覚のサワーエールをチョイス。
ラズベリーの味わいが絶妙なバランスで、美味しく飲めました。


W.H._10.JPG




料理の方も、勿論、堪能しました。(一部、写真を撮り忘れてしまいましたが。。。)


W.H._05.JPG


W.H._06.JPG


W.H._08.JPG


W.H._09.JPG



特にこのイチジクにチーズを掛けたのは、最高でしたね。
つい、お代わりしちゃいました。


W.H._03.JPG





nice!(42)  コメント(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」 [雑感]

「日清のどん兵衛」シリーズ3種類の全ての具が入った「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」。
発売前から気になっていたので、仕事帰りのコンビニでゲットしました。


Donbei all.JPG


「きつねうどん」の油揚げに「天ぷらそば」のサクサク天ぷら、そして「肉うどん」のジューシィ牛肉が贅沢に入っています。
作ってから食べるのに夢中で、写真を撮り忘れてしまいましたが。。。。



食べてみると、そのボリューム感に加えて味も絶妙で大満足でした。
3種類の具から染み出すエキスが微妙にスープに奥深さを与えているようです。
特にジューシィ牛肉の貢献度が高いのではないでしょうか。

何でもスポット商品だということなので、興味がある方はお早めに。

nice!(42)  コメント(18) 
共通テーマ:グルメ・料理

常陸野ブルーイング・ラボ Tokyo Station [ビール]

先日、蒸し暑かったので帰りしなの一杯のために同僚と「常陸野ブルーイング・ラボ Tokyo Station」に行ってきました。


hitachino_03.JPG


このお店は、東京駅グランルーフ2Fのペデストリアンデッキにある、常陸野ブルーイングの直営店です。
コンパクトな店内なので、席数も少なく、おつまみもお手軽なものが多いです。
「ゆっくりと落ち着いて・・」というより、「手軽にさっと・・・」という利用の仕方が良いようです。
代金も注文の都度支払う方式なので、「気軽に1杯」というノリには最適です。






hitachino_01.JPG


①だいだいエール
まずは、定番のIPA「だいだいエール」です。
このビールは、茨城県産の福来みかんと柑橘系のホップを使用しているので、爽やかなシトラス香が口の中に拡がります。
スパイシーというよりフルーティーな路線ですね。






hitachino_02.JPG


②塩梅(あんばい)エール
季節限定のビールです。
その名の通り、茨城県産の青梅と藻塩を使ったサワーエールです。
この季節に相応しい、爽やかな飲み口が癖になります。
何故か、子供の頃に大人がやっていた「スイカに塩をかけて食べる」感覚を思い出してしまいました。


あまりにも便利な場所にあり、気軽に利用できるので、危険ですねぇ。。。(;^_^A





nice!(39)  コメント(20) 

今日の一枚 John Pizzarelli /「Midnight McCartney」 [ジャズ/フュージョン]

今日は、アメリカのジャズ・ギタリスト&ヴォーカリストである John Pizzarelli が、 2015年に発表したアルバム「Midnight McCartney」を紹介します。
このアルバムは、タイトルからもわかる通り Paul McCartney の曲をジャズだけではなく、ボサノヴァやサンバの要素を取り入れながらアレンジした作品です。
何でもこの企画は、 Paul McCartney 本人からの提案だとか。そのせいか、メジャーなナンバーだけではなく、マニアックなナンバーまで絶妙なバランスで選曲されています。
 
このアルバムを聴いていて思うことは、やはり Paul McCartney は、稀代のメロディーメーカーである、ということです。
Paul の紡ぎ出す美しく、芯の通ったメロディーは、どんなにアレンジをしても、その魅力を失うことがありません。
「#1」「#2」「#5」「#12」といった名曲は、大体想像がつきますが、あの「#4」を全く別の命を吹き込むかのようなアレンジで蘇らせたのは、驚きです。


Paul の艶やかなヴォーカルと比較して、John Pizzarelli のヴォーカルについて、一部の方が批判されているようですが、これはこれで味があると、個人的には思います。
ジャズが好きな方も、Paul McCartney のファンの方にもお勧めの「大人のアルバム」です。

そういえば、John Pizzarelli、イタリアの「ちょい悪オヤジ」のようなカッコよさがあります。
アルバムジャケットも渋くて良いですね。



Pizzarelli_MidnightMcCartney.jpg



【「#1」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=svNQ8dU7skI
【「#2」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=3lOIflMrgnc
【「#3」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=v_MZhCdSJUQ
【「#4」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=rASkKTsliOk
【「#5」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=t2QTlOh6PL4
【「#6」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=gSZf0_aE5aw
【「#7」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=0M42I_XzE00
【「#8」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=-qyCWaO2eqE
【「#9」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=aYcOyCEP7lg
【「#10」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=-3nXPs5yLxI
【「#11」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=cZRJJ3GG490
【「#12」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=adl6Q7GwGrU
【「#13」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=VxssNZgROGY

1.Silly Love Songs
2.My Love
3.Heart Of The Country
4.Coming Up
5.No More Lonely Nights
6.Warm And Beautiful
7.Hi, Hi, Hi
8.Junk
9.My Valentine
10.Let 'Em In
11.Some People Never Know
12.Maybe I'm Amazed
13.Wonderful Christmastime


【Officialサイトへのリンクです】
johnpizzarelli.com/

nice!(46)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

新橋DRY-DOCK(ドライドック) [Bar]

先日、飲み仲間と「新橋DRY-DOCK(ドライドック)」に行ってきました。
このお店は、以前、このブログでもご紹介したことのある「キールズ・バーハウス 青葉台」の姉妹店といった位置づけです。
【過去記事「最高のビールが味わえるお店 キールズ・バーハウス 青葉台」へのリンクです】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2014-07-21


Shinbashi D.D.-01.JPG



ですから、最高のコンディションのスパードライを秘伝の技術で入れる「日本一のアサヒスーパードライ」を味わうことができます。
お約束通り最初の一杯は、こちらです。

①アサヒスーパードライ

Shinbashi D.D.-02.JPG




②カルミネーション オブスキュアッド・バイ・クラウドIPA

Shinbashi D.D.-06.JPG



「オーツ麦とお米を使用したジューシーな濁った(ヘイジー)IPA」という説明書きに惹かれて、オーダーした2杯目。
これは、衝撃的な美味さでした!
口の中でシャワーのように拡がるシトラスな香りは、強烈なインパクトを持っています。
苦みもしっかりとしているのですが、それ以上の瑞々しさは、初めて味わうものでした。




③ニーディープ シトラ・エクストラ・ペールエール

Shinbashi D.D.-07.JPG


「シトラホップをメインに使用した度数高めのペールエール。ホップ由来のフルーティーなアロマとグレープフルーツやライムの爽やかな風味が特徴」という説明書きを読んで、迷うことなく選んだ3杯目。
こちらも私の好みでした。




④バラストポイント アロハスカルピンIPA

Shinbashi D.D.-09.JPG


4杯目ですが、IPA大好きの我々の好みを知ったお店の方が「先ほど飲まれたIPAが空いたので、新たに開栓したお勧めのIPAです。」と推奨してくれたので、素直に従います(笑)。
何でもワールドビアカップで2度の金賞を獲得した同社のフラッグシップ「スカルピン」の派生銘柄で、ベルジャンで用いられる酵母を使用した、トロピカルフルーツ系の香りが特徴のIPAだとか。
飲んでみると、先ほどの「オブスキュアッド・バイ・クラウドIPA」よりは、苦みが控えめで、よりフルーツ感が前面に出た、新しいタイプのIPAでした。
人によっては、物足りなさを感じるかも知れません。個人的には、2杯目とのコントラストで、とても楽しめました。




⑤締めは、仲間たちの強いリクエストで、再び「アサヒスーパードライ」をいただきました。
よほど気に入ったのでしょう。



このお店は、キールズ・バーハウス同様に料理も絶品です。
特に、「御三家」として鉄板メニューの「チキンバスケット」「ポテトサラダ」「オムレツ」は、本当に美味しく、ビールにぴったりです。

Shinbashi D.D.-05.JPG

Shinbashi D.D.-04.JPG

Shinbashi D.D.-08.JPG



「ニシン缶詰の香草焼き」「ドイツ産の本格ソーセージ」「レバーパテ」などもいただき、至福の時は過ぎていくのでした。。。

Shinbashi D.D.-03.JPG

Shinbashi D.D.-10.JPG



nice!(46)  コメント(20) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日の一枚 Alan Sorrenti /「 L.A. & N.Y.」 [AOR]

今日は、イタリアのシンガーソングライター Alan Sorrenti が、1979年に発表したアルバム「 L.A. & N.Y.」を紹介します。

Alan Sorrenti については、以前このブログでも取り上げたことがあるので、よろしかったら参考にしてください。

【今日の一枚 Alan Sorrenti /「Bonno Soku Bodai」の記事へのリンクです】
http://seawind335.blog.so-net.ne.jp/2012-05-17



さて、このアルバムですが、この方、元々はプログレ&サイケな路線の作品を発表していましたが、その後路線転換をしたためか、1976年に渡米しL.A.を拠点に活動をすることになります。
この時期3枚のアルバムを発表していますが、いずれも素晴らしく洗練されたAOR作品に仕上がっています。

今回、ご紹介するアルバムは、3枚中2枚目に当たる作品です。
アナログ盤の時代には、A面を「L.A.サイド」・B面を「N.Y.サイド」と名付け、「L.A.サイド」はAOR路線の楽曲を、「N.Y.サイド」は、当時の流行を反映したダンスミュージックを並べています。


特に特筆すべきは、「L.A.サイド」!
あの Jay Graydon が、プロデュースとアレンジを担当するとともに、作曲にも参加しています。
中でも「#2」「#3」では、Graydon節前回のギターサウンドを聴かせてくれますし、特に「#2」のギターソロは、彼のキャリアに残る名演です。


曲目をご覧いただくとわかりますが、「N.Y.サイド」が全曲英語タイトルなのに対して、「L.A.サイド」は、イタリア語がメインとなっています。

その後、日本独自の企画盤として、1981年にこの時期の曲を英語ヴァージョンで歌い直されたアルバム「Sunset Time」が発売されました。
その中で「#2」は、「Beside You」というタイトルで収録されています。


LA&NY.jpg



【「#1」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=v3CgLAnCooo
【「#2」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=QMbI8YLt35Q
【「#3」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=ZcxTbqYEk00
【「#4」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=LlpqPEnBw1w
【「#5」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=L6YJ4PQWGdI
【「#6」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=WNHLiKtf7qs
【「#7」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=2zHKe7HfZ64


【英語版「Beside You」のyoutubeへのリンクです】
https://www.youtube.com/watch?v=xzaX1DhA5L8

[L.A.]
1.Tu Sei L'unica Donna Per Me
2.Per Sempre Tu
3.Dancing In My Heart
4.Provaci
[N.Y.]
5.Look Out
6.Take A Chance
7.Love Fever


【Officialサイトへのリンクです】
http://www.alansorrenti.com/



nice!(45)  コメント(8) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -

images01.jpg